富山県富山市 今井商店 ますのすし / 富山名物の鱒寿司と暴れん坊将軍。

富山 鱒寿し 今井商店 2017-12-24 004

親のお友達で富山出身の方がおりまして、帰省されると必ずと言って良いほど、お土産にいただきます。そのお溢れをいただく機会に恵まれました。

数ある富山名物「鱒寿司」の中でも、その富山出身の方のオススメがこちらの今井商店の「ますのすし」。

「間違いがない!」らしいです。

富山 鱒寿し 今井商店 2017-12-24 005

そもそも、富山の鱒寿司って隣県と言うこともあって、食べる機会は多いし、好きか嫌いかで言えば かなり好きなのに、その歴史やどこのお店が良いのか?・・・全く無頓着でした。お恥ずかしい・・・マスがあったら入りたい!(それを言うなら穴があったらだね)

富山 鱒寿し 今井商店 2017-12-24 009

ついつい、奥の焼き鳥に目がいきそうですが、手前のピンク色の鱒寿司にご注視願います。

鱒寿司の歴史
富山藩 三代藩主「前田利興」の家臣「吉村新八」が、暴れん坊将軍で有名な徳川吉宗に「鮎寿司」を献上したときの製法が、現在の鱒寿司に繋がってるそうです。暴れん坊将軍(これもフィクションですけど)吉宗の絶賛を受けたとする逸話が現在の鱒寿司の起源として語られてるが、鮎寿司を食べたとのことで、鱒寿司を食べて褒めた訳ではないようです。

使われてる鱒は「桜鱒(サクラマス)」で、さすがに天然ものではないようですが、すし飯のお米は富山県産のお米を使ってられるお店が多いようです。包む熊笹も緑が濃く香りの良い国産笹を使用して地元の安全で美味しい食材を使ってるのも人気の秘訣なのかも知れませんね。

酢で味つけした押し寿司の一種で、発酵させていないので食べやすく「生」感覚で美味しいですよね。

鱒寿司をつくっているのは富山県内には40社以上で、神通川流域に遡上してきたサクラマスから作られた経緯があったので、神通川流域にお店が多いそうです。

木で作られた「曲物(わっぱ)」の底に笹を敷き、塩漬け後に味付けをした鱒の切り身をその上に並べ、そこに酢めしを押しながら詰め重石で押し寿司のようになります。上下に青竹をあて、ゴムなどで締めた状態で売られていますね。

全国区に有名になったのは1912年から発売された「駅弁」と言われています。商品名は「ますのすし」。製造業者のひとつであった「源(みなもと)」によってつくられた造語(商品名)でなのだそうですよ。「ますのすし本舗 源」って、物産展や駅などでよく見かけますものね。

あのプラスチックのギザギザなナイフ?で笹ごと切り分けていただく儀式が、ピザとは違い・・・なんかとても有り難い感じがします。

鱒への下味にこだわりのあるお店や、酢の強弱でサッパリ感を重視していたりするお店、鱒の厚みを厚めにしてるお店など、各店で特徴があるようですよ。

そんな中でも、この「今井商店」は「万人に美味しいね」と言われる優等生タイプのようです。富山出身の方の言う「間違いない!」ってのはそういうことだったようです。富山に於かれましては、鱒寿司だけに・・・「マスマス」のご発展と「ご飯栄(ご繁栄)」をお祈りいたします。これがホントの酢〆の言葉。 お後がよろしいようで・・・

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:富山市石倉町1-30

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

フィードバック

返信をクリックすると子コメントを投稿できます(最大5階層まで)。階層を下げたくないときは親コメントに返信して弟コメントにするか、別コメントとして投稿してください。

  1. 鱒の寿司って、
    ナマモノ系な割りに
    日持ちがするので、

    お土産に買って帰って、
    お疲れ様ビールの
    ツマミに、良くします!

    富山空港に、飛行機見に寄って
    買う事も有ります。

    沢山のお店のがあって
    選ぶ楽しみも有ります!

    1. コメントありがとうございます。 鱒寿司はほんと、おつまみに良しですね。
      今回がキッカケで、いろんなお店を試してみたいなぁ~という欲も湧いてきました。(^^)

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。