三条市 ひな鳥金子 本成寺店 半羽から揚げ / 季節外れのクリッスマッス。

ども。「ひな鳥っ子」のユキヒロックです。

または「金っ子」でも可ですが、あいでんっ子だったりマルイっ子だったり、忙しいですのう大盛りく~ん(キャプテン・マカロニふう)。

でも、本当に子供の頃から食べているので、これで育ったというのは大げさだとしても、マイ・ソウルフードであることはまつがいない! ← まちがい

そんな男ですので、クリスマスの食卓に上るのも当然ひな鳥金子の半羽揚げ。七面鳥の丸焼きとか、ローストチキンとかのはずがない‥‥って、クリスマス? ク・リ・ス・マ・ス~?!

ええ、そうなんです。大盛りユキヒロックの記事は基本食べた順でして、現時点では2017年12月に食べたものを絶賛執筆中ですので、1年遅れ進行が売りですので(売りだったんかい!)、クリスマスでまつがいない!

それはおいといて、半羽です。家族のクリスマスパーテー、パーチー? に合わせて予約しておき、その日になったら鶏に行きます。いえ、取りに行きます。

おみやげ(お持ち帰り)の半羽から揚げは、保温のためにアルミホイルで包まれています。これを開きますってーと、

ひな鳥金子本成寺店の半羽から揚げ

アラ不思議! アルミホイルがクリスマスの飾り付けに見える!!(‥‥そうかなぁ~?)

半羽=若鶏の半身ですが、羽はついてません(そらそうよ)。大きさ的にローストチキンぽいけど、から揚げです。スパイシーなカレー味です。

正しき三条市民のクリスマスは、ひな鳥金子の半羽から揚げ。条例でそう決めちゃってもいいのではないでしょうか。うん、そうしよ! もう、そうしよ!!

ちなみにですね、クリスマスは12月25日ですよね。でも実は、この日はイエス・キリストの誕生日ではないのだそうです!

ネットで調べてみましたら、イエス様の誕生日は新約聖書には書かれてなくて、不明なのだそう。それがなぜ12月25日になったかというと、

  • 古代ローマの暦では3月25日が春分(1年の最初の日だった)、12月25日が冬至。
  • 春分の日は、カトリックでは受胎告知の日とされた。
  • 冬至は春分から9ヶ月後なので、だいたい十月十日となる。
  • 元々、冬至は異教徒のお祭りが行われる日だった。

などが組み合わさった結果みたいです。ビックリです、2019年3月に2017年12月の話をする以上にビックリスマス!!!!!!!!!!(びっくりし過ぎ)

イエス様の誕生日は12月25日。ずっとそう信じて生きてきたのって、俺だけ? ねぇ、俺だけ? 今までのクリッスマッスを返してけろー! 返してけろー! けろけろー!

と、半羽揚げの油にべっとりまみれた指で涙を拭う「金っ子」であった。完。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:三条市桜木町24-14

公式サイト:ひな鳥金子(Chromeだとちゃんと表示されないようです。IEやFirefoxでご覧ください)

投稿者:ユキヒロック

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。