長岡市 らーめん キラリボシ 濃厚塩ラーメン / 燃えよドラゴンより、デブゴン贔屓。

娘から教えてもらった長岡市のキラリボシ。しかも、2017輝くユキヒロック大賞受賞店。

キラリボシ お店

先回は、「キラリ塩ラーメン」という白濁していない淡麗系の塩ラーメンをいただきましたが、今回は本命の「濃厚塩ラーメン」を、いよいよ・・・いただきました。

キラリボシ 濃厚塩ラーメン 850円 2017-12-28 011

結論から申し上げますと「濃厚ベリーマッチ!(サンキューベリーマッチに掛かってます、、、ええ、掛かってませんけど)」です。「レベルたっけー!」っす。

動物系+魚介+野菜?しっかり旨味の白濁濃厚スープに、キクラゲ、桜えび、マー油、玉ねぎ(他、チャーシュー、メンマ、もやし大根、海苔)と、結構個性強めの具材が盛り沢山乗ってるにも拘わらず、それに全く負けないスープがスゲい。特にマー油とかちょっとやり過ぎかと思うのですが、、、負けてないのがスゲい。

アッサリの「キラリ塩ラーメン」も良かったのですが、濃厚塩の方が私は好きだなぁ~。いや、その日の自分の気分や体調などで決めるのが良いかと思います。「己の直感を信じよ!」っすね。ブルース・リーの映画「燃えよデブゴン」・・・もとい、「燃えよドラゴン」の名台詞「Don’t think, Feel !(考えるな、感じよ!)」なのです。

いや、「燃えよデブゴン」もあったけど。主演:サモ・ハン・キンポーだけども。(^_^;)

今となっては、「燃えよデブゴン」って付けた奴、天才かよ?って気もしますが、当時のカンフー映画ブームの中、この「デブゴン」とタイトルにつく映画が大量に存在した(燃えよデブゴンは10まであったり、その他に燃えよデブゴン〇〇みたいのが沢山あった)ようですが、ストーリーの続編性もなく、サモ・ハン・キンポー関係なく、製作年代もバラバラな作品を日本で勝手に「燃えよデブゴン」と付けてたみたい。便乗にも程がありますね。

あれれ?燃えよデブゴン情報・・・そんなに必要だったかな? 今はドラゴンでもデブゴンでもなく、カル◯ス・ゴーンだよ。とか?

ごちそうさまでした。。。。。

お店の住所:長岡市台町1丁目2-17

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。