長岡市 らーめん キラリボシ 濃厚塩ラーメン / ドラゴンより、デブゴンびいき。

2017輝くユキヒロック大賞受賞店、「らーめんキラリボシ」。

らーめんキラリボシの外観

2017年12月のお話なので、雪ですw

先回は娘から教えてもらって訪問し、左上の法則に従ってキラリ塩ラーメンをいただきました

今回いただいのは、本命のこちら。

らーめんキラリボシの濃厚塩ラーメン

娘の推しでもある「濃厚塩ラーメン」です。

結論から申し上げますと、サンキュー濃厚! 濃厚ベリーマッチ! レベルたっけー!!

具材は、キクラゲ、桜えび、マー油、タマネギ、チャーシュー、メンマ、かいわれ大根、海苔と、けっこう個性強めのが盛りだくさん。特に、マー油はちょっとやり過ぎかと思うのです(個人的に苦手というのもありますけど)。

でも、動物系+魚介+野菜のトリプルスープはそれにまったく負けてない! しっかり旨味の白濁濃厚スープ、スゲい!!

好きです、濃厚塩ラーメン。キラリ塩ラーメンもアッサリしてて良かったのですが、私はこっちのほうが好きだなぁ~。

キラリか濃厚かは、その日の気分とか体調とかで、自分の直感を信じて決めるのもいいと思います。燃えよドラゴンふうに申せば、「Don’t think, Feel!」「考えるな、感じろ!」っすね。

てか、淡麗系のキラリ塩ラーメンをブルース・リーとすれば、白濁系の濃厚塩ラーメンはサモ・ハン・キンポー? 燃えよデブゴン? (^_^;)

この邦題、「付けたやつ天才かよ?」って感じですが、実は英語版のタイトルの超訳っぽいです Wikipediaを見てみましたら、燃えよドラゴンは「Enter The Dragon」で、燃えよデブゴンは「Enter The Fat Dragon」でした。

これがヒットしちゃったせいで、ゴールデン洋画劇場ではサモ・ハン主演なら内容に関係なく「燃えよデブゴン」の邦題を付けて放送したのだそうです。

それぞれまったく無関係な映画なので、製作年代はバラバラ、当然ストーリーも続いてない。なのに「デブゴンシリーズ」とは、便乗にもほどがありますね。

あと、サモ・ハン・キンポーって名前はなんか中国っぽくないですが、ハンが姓、キンポーが名で、漢字で書くと「洪金寶」。

サモはニックネームで、ブルース・リーのブルース(Bruce)みたいなものだそうですよ。‥‥あれれ? デブゴン情報、そんなに必要だったかな?

ごちそうさまでした。。。。。

お店の住所:長岡市台町1丁目2-17

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。