南魚沼市 麺屋 奥右衛門(おくえもん) 塩白湯麺 / 六日町でいただける、上越の大人気店のお味。

六日町遠征シリーズ2軒目は、こちらのお店。

麺屋奥右衛門の外観(2018年1月)

「麺屋 奥右衛門」です。すっげー雪です。

雪ボッサボサ、ボッサノーバ♪ なにせ、2018年1月のことなので (^_^;)

奥右衛門は国道17号沿い。前回のヌードルプレイス・ピュアウォーターこと麺屋清水からは車で1分の距離です。

上越の大人気店「あごすけ」で修行された方が始めたお店と聞いて、ぜひ行ってみたくて、これまでも何度かアプローチしていたのです。

でも、時間帯が悪かったり、定休日を調べてなかったりで、ずっとふられておりました。自分の不手際のせいですが、ふられ気分で奥右衛門。

そして今回、ようやく訪問が実現‥‥お!

奥右衛門の行列用待機スペース

この、雁木ふうの待ちスペース! いかにもあごすけ!(旧ブログの記事はこちら

あごすけの魅力のひとつは、中に入るまでのワクワク感と思います。並んで待つ間にお茶を出してくれたり、メニューを渡してくれたり、お客さんを飽きさせない演出があるのです。

ディズニーランドやUSJのアトラクションみたいに、大行列なのに気分が高揚してきます。この日は運よく並ばずにスッと入れましたが、奥右衛門もあごすけのおもてなしを踏襲してるような印象でした。

店内の雰囲気も、あごすけっぽい感じ。こちらをいただきました。

麺屋奥右衛門の塩白湯麺

「塩白湯麺」です。

インスタに上げたバージョン。

麺屋奥右衛門の塩白湯麺・アップ

ビジュアル面でも、間違いなくあごすけスタイル。白湯スープとか焦がしネギとか揚げニンニクとか、インスタ映えまくり!

本日2杯目のハンディをものともせず完食した感想は、「‥‥塩、振り幅ひっろー!」

同じ塩ラーメンですが、麺処清水の淡麗系とは真逆で両極端。でも、清水も奥右衛門も美味し! 味覚映えまくり!(なんやそれ)

まったく違うタイプの塩の名店が、同じ道路沿いに存在する六日町。その懐の深さに、驚きひとしお、喜びひとしお、感慨ひとしお。ええ、ひと塩です。(‥‥大盛りくん、それは「一入」と書くんやで!)

塩が熱いぜ、シックスデイズ・タウン!

最後に、麺屋奥右衛門のショップカードをご覧ください。

麺屋奥右衛門のショップカード・表

麺屋奥右衛門のショップカード・裏

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:南魚沼市四十日2578-2(奥右衛門)

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。