見附市 東華飯店 五目焼きそば / 厳正な目視調査の結果、‥‥八目でした!

見附市中央公民館近くの、「東華飯店」。

東華飯店の外観(2018年1月)

お店の前の通りは、1と6の付く日に市が立ちます(一六の市)。車で行くときはご注意ください。

代替わりして、壁のメニューもきれいに色分けされ、見やすくなりました。カラフル&ケアフル。

東華飯店の壁のメニュー

食券も以前とは変わり、厚紙マジック手書き券から、レシート風機械印字券になりました。あの手書き券、味があって好きだったのですが‥‥。

ともあれユーザーインターフェースを一新、すっかりニュー東華飯店の様相なのです。自主的に続けてきた「壁に貼られたメニューを端から全部食べてみよう!」コーナーも、ここらでリスタートせねばならないようです。

というわけで今回は「五目焼きそば」にチャレンジ、チャレンジング。

なぜチャレンジングかと言いますと、実は私、とろみ系・あんかけ系の料理は苦手なのです。でも、中華料理店の焼きそばって、中華丼的なあんかけタイプもあるし、麺と具が混ざってる非あんかけタイプもあるし‥‥。

名前からはどんなタイプか分からない。なのに大盛りで注文。‥‥ジングです、いよいよジングです!(省略やめい!)

しばし待つと、五目焼きそばが登場。ジャジャ~ン!

東華飯店の五目焼きそば(大盛り)

正解は「あんかけタイプ」、しかも「かた焼きそば」でした!

あんかけは覚悟してましたが、かた焼きそばは想定外。中華料理店だし、このスタイルでも間違いではありませんが、実際に頼んでみないと分からないものですね。

五目という名前に違わず、具だくさん。インスタに上げた写真で数えてみましょう。

東華飯店の五目焼きそばのアップ

えーっと、豚肉、キクラゲ、白菜に、青いのはチンゲンサイ? たけのこ、うずらの卵、イカ、エビ‥‥カニクスで踊っちゃお♪

いえ、カニは入っておりませんが、結果、五目でなく八目!

てことは、五目というより八宝菜? でも、五目も八宝も「色々入ってます」の意味だそうなので、どちらでも正解なのかもしれません。

トロっとしたあんは、食べ進めるうちに麺に染み込んでいきます。カリッとパリッとした麺が、徐々にしんなり、はんなり化。

♪カリッとしんなり~ パリッとはんなり~ パリはんパリはん パリパリはんはん パリはんは~ん

‥‥なんなん、その歌。ケロポンズには入れなさそうです。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:見附市嶺崎1-1-22

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。