三条市 原仙 かつ丼 / タレカツ丼グランプリ、三条市代表候補。

誰だ、こんなとこにステッカー貼ったのは! 必ず見つけて次は絶対に貼らせん、貼らせんぞ!

‥‥というわけで「肉の原仙」です。久しぶりにダジャレから入ってみたら謎シチュエーションですみません。

現在の原仙は精肉店専業ですが、えび丼回でも書いたように、以前は2階で食堂も営業されてました。

こないだ母と話してたら、そこに幼稚園児の私をよく連れてったそうなのです。どうも原仙のお子さんが同年代だったみたいで、仲よくさせてもらってたようです。

そう言われると、記憶がうっすらあるような。頭髪はうっすらないような‥‥って、まだあるわ!

そんなオジさんになった今では、1階で「かつ丼」を買ってるわけです。ご縁を感じますね。

‥‥え? ご縁の使い方が安っぽい? そうですね、ご縁よりご飯を感じてる気がしないでもしますね(どっちやねん)。

タレカツ丼です。肉屋さんなので、お持ち帰りの弁当です。

原仙のかつ丼(開封前)

肉が良いのは精肉店の強み! 味が良いのは食堂で得たノウハウ?

きつね色のタレカツには、青のりが映えます。

原仙のかつ丼(開封後)

甘じょっぱいタレのしみたカツで、ご飯がどんどんススムくん。できたてが美味しいのはもちろんですが、時間が経過してもタレがごはんに染み込んで熟成状態に。

そんなタレカツ丼は、卵とじカツ丼よりお弁当向きかもしれません。タレカツ丼こそお弁当、お弁当こそタレカツ丼‥‥って、日本語、変?

三条は卵とじカツ丼がデフォですが、原仙ととんかつ三条(旧ブログの記事)は「三条のタレカツ丼といえば」的な、代表格な存在になっております。

追記:大盛り捜査網によると、三条市内で最初にタレカツ丼を出したのがとんかつ三条で、原仙が二番目、という話があるようです。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:三条市一ノ門1丁目11-21

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。