燕市 麺’s 冨志 醤油らぁめん / 風格さえ感じるルックス、もはや様式美。

坂内・小法師の角(吉田東町交差点)を東へ曲がって車で1分、「麺’s 冨志」です。

麺’s 冨志の入口(2018年4月)

この日(2018年4月)は、入口てか待合スペースにビニールがかかっておりました。

店名はメンズですが、男子専科ではございません。女性ももちろん入れます。

そういや都会の電車には女性専用車両てのがありますが、もし冨志がそうなったら店名は「Women’s 冨志」とか? そうだ、「旨麺’s」の字をあてればピッタシですよ!

‥‥発音、違うやん!

そうですね、Women’sは「ウィメンズ」ですね。ご麺ね、ご麺ねー (^_^;)

たわごとはおいといて「醤油らぁめん」です。こちらの記事でも食べてます。

麺’s 冨志の醤油らぁめん

いわゆるWスープで、和風強めの魚介豚骨に中太麺。そこに青菜、煮玉子、キクラゲ、チャーシュー。そして四角い極厚メンマ。

もはや様式美、風格さえ感じます。インスタにアップした男前仕様の写真もご覧ください。

麺’s 冨志の醤油らぁめん・アップ

あら? 奥にもうひとつドンブリが?

実は、会社の後輩と一緒にランチングでした。私と一緒にランチすると、自然にラーメンを食べる機会も多くなるわけですが、最近、彼から衝撃の告白が!

「俺、猫舌なんすよぉ~」

い、い、今さらジローやないかーい! もっと早く教えんかーーーーーい!!

それからは、なるべくつけ麺も選べるお店を推薦するようにしています。

‥‥いや、そこは定食屋でいいじゃん! ラーメン店以外の選択肢はないんかい!! (^_^;)

こうなるともはやラーハラですよラーハラ、ラーメンハラスメント。いえ、ラーメン腹スメント?

テープ撮ってんちゃうやろな? 会見したら全員クビやぞ! ‥‥ノー! ラーハラ、ノォーーーーー! ご麺ね、ご麺ねー(2回目)。

えーっと。

お話を冨志に戻しますと、最近、魚介豚骨Wスープのお店はめっきり少なくなりました。でも、ブームが去った今でも残ってるってことは、お店の実力の証明になるかもしれません。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:燕市富永100-1

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。