長岡市 そば処 石田屋分店 中華そば / 本店と本成寺と鬼踊り。

長岡市新保の「そば処 石田屋分店」・・・いつも「通り過ぎるお店」って感じでしたが、気にはなっておりました。気になっていたのは2点。。。1つ目は「石田屋分店」ということは「本店」は、いずこ?

長岡 石田屋分店 2018-04-07 006

調べてみました。長岡市新町2-2-30にある「そば処 石田屋」と言うお店が本店のようです。

長岡 石田屋分店2018-04-07 003

中華そば(大盛り)をお願いしたはずなのですが、何故かチャーシューがいっぱい。(^^) 即時、H2Oの想い出がいっぱい♪のイントロ ドン!

「蕎麦屋のラーメン」らしく、和風なスープに細縮れ麺。土地柄でしょうか?・・・若干、生姜を感じたような感じなかったような・・・記憶曖昧。
具材はネギ、メンマ、ゆで卵(半分)、ナルトに、海苔かな?ワカメかな?

なかなかグッドルッキングだ。フィール・ソー・グッドだ。好感持てます。好きめ、好きめ。好きと言ってもLOVEというよりLIKEですね。

そうそう、気になってた事の2つ目は節分の「鬼踊り」で有名な三条市にある「法華宗総本山 本成寺」というお寺の表門(黒門)のところにあった「石田屋食堂」を思い出す店名であるということ。(私が中学生の頃に閉店。建物は現存してます。)

本成寺 石田屋食堂 2019-08-22 003

写真の左側奥が本成寺の黒門です。

本成寺 石田屋食堂 2019-08-22 004

本成寺の「石田屋食堂」さんだった建物は現存しておりました。一段下がった建物ですので、道路から見ると身長1mくらいじゃないと入れないのかも?みたいな屋根だけの建物。

おそらく、同じ「石田屋」でも三条と長岡では全く関係はないのだと思うのですが、私が子供の頃に出前をしてもらえたお店で、自分のラーメンの原体験であったお店です。

シラフの時はほとんど喋らないのですが、飲むと急に饒舌になっちゃうご近所のオジさん(呑むと顔の色が本成寺の鬼踊りみたいになってたような?)が、家に来てお酒を飲むと本成寺の「石田屋食堂」からラーメンを出前してもらうことが定番みたいになってた時期がありました。子供ながらに、そのおこぼれに授かるのが嬉しかったです。

そのおじさんはスープを残しておいて家に持ち帰り、翌朝そのスープで雑炊にするのが好きだったという記憶です。迎えに来た奥さんに「スープ貰ってってくれ、ドンブリは明日返すわ」的な感じだったと思います。妙にその雑炊に憧れてましたね。

せっかく、そのおじさんくらいの年齢になり、お酒も飲めるようになったのに、今の住まいでは出前してくれるお店がないので、それも叶わぬ夢です。せいぜい、インスタントラーメンにご飯を入れることくらいしか出来ないですね。(^_^;) ライス インのラーメンもいいよね。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:長岡市新保1丁目10-13

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

フィードバック

返信をクリックすると子コメントを投稿できます(最大5階層まで)。階層を下げたくないときは親コメントに返信して弟コメントにするか、別コメントとして投稿してください。

  1. これは、
    また見事な仕上がりの
    ラーメンです!食べてみたい!

    そういえば!
    五泉の入り口辺りに
    味の天王麺本店 ってのがあって、

    この時はネットで
    支店探したけど
    見つからなかったのを
    思い出しました!

    あのお店は、今も元気かしら。。

    1. 写真映り良くて、やや話を盛り過ぎたかもしれません。(⌒-⌒; )
      最近、五泉にお仕事で行きますが、天王麺さんは残念ながら閉店しておりました。(^^) 残念です。

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。