新潟市西蒲区 食事処 福千 かつ丼 / 岩室温泉の住所は、岩室温泉だった。

岩室リハビリテーション病院そばの「福千」です。

食事処福千の看板(2018年4月)

郷土の地酒 笹祝」の文字が入った看板がイイ感じ。

写真にチラ見えしてる道は県道2号の旧道で、左(南)のほうに行くと「またのおこしを よりなれ岩室温泉」の看板が建ってます。調べてみたら住所は「西蒲区岩室温泉」で、ちょうどここが境界みたい。

住所がまんまのまんまでビックリですが、平成の大合併の前は「岩室村大字岩室」だったのだそうです。岩室村が新潟市に編入される際に住民の要望で岩室温泉に変更された、とのことでした。

中に入ると、入口の風除室的なスペースが独特の世界。

福千の風除室の飾り1

お花と観葉植物と、招き猫と狸と‥‥右下のはチワワ? 美術館の企画展ふうに「動物と花」ってタイトルはいかかでしょう。

お花の手前に視線を移すと、

福千の風除室の飾り2

ダックスフントがWelcome! ワンダフルだワン!

お初ですので、まずはメニューをチェック。まず目に入れる、これがホントの目入(めにゅう)‥‥とか?

福千のメニュー

左下の、店名のところにご注目。福千は「焼肉とラーメンのお店」なのです。

なのですが、なのですがぁ~。

福千のかつ丼(蓋を取る前、スープ・おしんこ付き)

ドンブリがドーン! ドドドーン! ジョジョふうに言えば、ドドドォォォオオオーーーーン!

フタを開けてみれば‥‥

福千のかつ丼(蓋を取った後)

そこは「かつ丼」だった。カツドォォオオォォーーーーーン!

卵とじカツ丼です。

福千のかつ丼(アップ)

飾りがグリーンピースでなく青のりなのは、新潟市名物・タレカツ丼の影響か?

いただきます。

福千 2018-04-12 030

大盛りユキヒロック名物となりつつある、カツ丼の断層・カツ断層。‥‥え、なってないって? ないのかい? なってないのかい?(泣)

それはともかく、「焼肉とラーメンの店」だけあってお肉がイイ! イイイィィィーーーーイ!

トンカツ+タマネギ+シイタケというシンプルな構成も、グゥゥウウウーーーーウ!(具だけに)

こうなれば、ひたすらにカツ丼をかっこむのみ。かっこみあるのみィィィーーーーイ!

福千のかつ丼(完食後)

ドンブリに書かれた店名の文字に、完食の感触。きっと、食べきった者へのご褒美に違いありません。

なお、メニューの左側に「焼肉定食」が並んでますが、店内の小上がりで自分で焼いて食べることもできるようです。それはイイ、それはイイィィィーーーーイ!

えーっと、今日は終始ジョジョでしたね。内助の功ならぬ、内ジョジョの功‥‥とか?

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:新潟市西蒲区岩室温泉753-1

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。