ゴーゴーカレー 中辛(レトルト) / おうちで食べられる金沢カレー。

2018年5月、金沢みやげでレトルトのゴーゴーカレーを頂戴しました。

レトルトゴーゴーカレーの箱

1人前155グラムで、一箱に2袋(2食)入ってます。

ネットで価格を調べてみると、ゴーゴーカレーの公式通販サイト600円弱(送料別)でした。Amazonだともうすこし安く買えるかもです。‥‥イヤらしいわよね~、頂き物の値段を調べるなんて。

ともあれ、いただきます。

ご飯にかけたレトルトゴーゴーカレー

ルーは黒っぽい色で、いかにも金沢カレーな感じ。

でも、上越高田スタジアムこと上越店で食べたゴーゴーカレーは、もっと真っ黒だった印象なのです(旧ブログの記事はこちら)。たぶん、トッピングのトンカツにかかってたソースのせい?

で、味は「辛い」というより「塩辛い」感じ。やはりカツカレーにすることを意図して作られてるのではないかと思います。トンカツをカツて(買って)くればよかった。

‥‥そーゆー駄洒落は Not だよ、金沢カレーだけに能登! いや、能登は金沢じゃねーよ!! (^o^;)

そんなゴーゴーカレーですが、ここで5つのプチ情報をご覧ください(唐突)。

  1. 店名の由来

    社長が松井秀喜さんのファンなので、背番号55でゴーゴーカレーなのだそう。

  2. トレードマークの由来

    松井さんのあだ名のゴジラにしたかったけど、使用料が高くて仕方なくゴリラにしたそうです。もしかするとクジラになってた可能性も?

  3. 限定デカ盛りメニュー

    ワールドシリーズMVPの松井さんにちなんだ「メジャーカレー ワールドチャンピオンクラス」は、トッピング全のせ・総重量2.5kgの爆盛メニュー! 各店舗1日5食限定だそうです。また、一部店舗ではさらにその上を行く「メジャーカレー スペースチャンピオンクラス」が存在するそうです(ゴーゴーカレー公式サイトのお知らせ)。‥‥た、た、食べてみたい!

  4. 裏技

    金沢カレーの特徴の一つが千切りキャベツですが、ゴーゴーカレーでは食べ終えたら無料でおかわりできるんだそう。ココイチのルー的な?

  5. こだわりの「5」

    開店時間は「○○時55分」。ルーは55の工程で5時間かけて煮込み、55時間寝かせているそうです。無理やり? (^_^);

そういえば長岡にも出店したんですよね(ゴーゴーカレー長岡東スタジアム)。行ってみたい行ってみたいと思いつつ、まだ行けてません。「Not ゴーゴー」でスンマセン。

カラオケの「まねきねこ」で食べるのもありかも? たしかゴーゴーカレーとコラボしてて、メニューにあったと思います。

レトルトも意外とお店で買えたりするのかもしれませんね。最近、地元のスーパーで見かけて驚きました。

あと、ゴーゴーカレーは「金沢カレーを全国区に押し上げた立役者」ですが、「金沢カレーの元祖」と言われるのがチャンピオンカレー。

チャンカレは新潟市に出店したそうです(こびきの里・チャンピオンカレー出来島店)。セルフうどんの「こびきや」がライセンスしてるお店で、うどんとチャンカレの2枚看板なのだそうですよ(チャンカレ公式サイトのお知らせ)。

ごちそうさまでした。。。

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。