三条市 丸竹食堂 新潟WEEK! の麻婆丼 / 雑誌のやつ? あいよー!

三条で、何でも美味しい上に盛りがよいお店といえば、「丸竹食堂」です! キッパリ!!

「うんまいの作るから! お腹いっぱい食べてってね!」という気持ちをとても感じるお店です。

丸竹食堂の外観

看板は、清酒「越の誉」のマーク入り。広告入りってことで、無償で提供されてるとか、広告費的なのが支払われてたりするのかもですね。

越の誉マークの看板は、中越地方でよく見ます(寺泊のこまどりとか)。越の誉の酒蔵・原酒造は柏崎の会社なので、中越でシェアが高いんだと思われます。

縦の看板のほうは、「丸竹」の上に「生蕎麦」「中華」とありますが、初代は三条の老舗蕎麦店・丸市屋で修行されたと聞きます。中華を出すようになったのは二代目からなのかもなぁ~、と想像してます。

メニューには日本蕎麦も中華も、カレーもカツ丼もあって、いわゆる「町中華」な構成。でも、ルーツが蕎麦屋ですし、ここは「まち食堂」と呼びたいです。

そのメニューの中で、今回の目的は‥‥

アレですよアレ! 雑誌「新潟WEEK!」の企画で作られたデカ盛りメニュー、「麻婆丼」です!!

ユキヒロック:麻婆丼、お願いします!

丸竹さん:あ、ウィークのやつ?

ユ:そうなんです! 雑誌を見て来ました!

丸:(分かった分かった皆まで言うな的な感じで)あいよー!

待つことしばし、こちらが着丼!

丸竹食堂の麻婆丼

デカ盛り麻婆丼がドーン! ドドーン!!

すでにド迫力ですが、驚くのはまだ早いですぞ。カメラを左にパンしますと‥‥

丸竹食堂の麻婆丼・お盆の左

ぬゎんと! もうひとつ麻婆豆腐! ドドンが丼!! (^_^;)

盛りきれなかった分が別容器で付いてくるのです。親子マーボーてか、こぼれマーボー? こぼれイクラ丼てのは聞いたことありますが、これは初体験です♪(歓喜)

親マーボーがデカいので感覚が狂っちゃいますが、子マーボーも割と量あります。器はスープと同じやつです。

いただいてみますと、マイルドな、甘からず辛からずのお味。陳麻婆豆腐の対極に位置するであろう、日本式麻婆豆腐で、これがまた‥‥ご飯にあう! あう!!

のど越しよくアッサリ完食、「自慢したい三条の食堂」の筆頭に昇格♪

ちなみに2018年6月のお話で、新潟WEEK! が惜しくも休刊となったこともあり、現在はやってない可能性もあります。「ウィークの麻婆丼、まだやってますか?」と確認してみることをおすすめします。

丸竹食堂は「餃子が美味しい!」という話も聞いております。いずれ試してみたいです。

ごちそうさまでした。。。。。

お店の住所:三条市興野1丁目6-6

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

フィードバック

返信をクリックすると子コメントを投稿できます(最大5階層まで)。階層を下げたくないときは親コメントに返信して弟コメントにするか、別コメントとして投稿してください。

  1. コレと同じかどうかは
    分からないですけど

    麻婆丼は
    この消費税増税後、
    北京味噌ラーメンと同じ
    900円にて、
    メニューに載ってます!

    1. 麻婆丼は通常バージョンも、WEEK!バージョンも同価格だったと思います。うろ覚えですが。800円台だったと思います。増税の余波、、、これを機に値上げも仕方ないのかもです。それがお店の存続に貢献できるなら協力したい気持ちもあります。

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。