三条市 らーめん潤 三条店 中華そば / 第二産業ドーロという、ロード沿い。。

三条市内には、通称「第一産業道路」と「第二産業道路」と呼ばれる道路が市内を西から東へ横断しております。

三条市では「第二産業道路」と呼ばれてる道路は、実は「国道289号」でありまして、いわゆる「八十里越」が出来れば、福島県にまで行ける「越後山脈越え」が実現される予定なのです。2020年台に開通と聞いてましたが、2020~2029年の間って事ですかねぇ~? (う~ん、アバウト!)

ま、それはさておき(置くのかい!)、、、つまり、将来は福島県に繋がる国道・・・その国道沿いにある「らーめん潤 三条店」と言うことになるのです。(なんだか、仰々しい説明だね~、潤と福島は関係ないよねぇ~・・・てか、道路とロードって似てるよね?!)

潤三条店2018-06-14 018

タイトルをつけるとするならば・・・「夜の潤」(なんか、雰囲気あるなぁ~)

たぶん、仕事とバンド練習前のインターバルで腹ごしらえの時だったと思われます。(なにせ、2018年6月のお話な・・・もので)

潤三条店2018-06-14 016

潤のデフォである「中華そば」・・・潤・・・いえ、純・・燕背脂ラーメン。

燕背脂の王道「福来亭~杭州飯店」とは少し違う系統ですが、「背脂」と「岩のり」の好相性を発見した功績は大きいと思います。

潤三条店2018-06-14 029

画像をインスタ風に加工してみました。(・・・で?!・・・だからどうした?!)

自分の中では、燕背脂ラーメンを大きく「直系背脂」と「食堂系背脂」と「ニューウェーブ系背脂」と3つにカテゴライズしてて、らーめん潤は「ニューウェーブ系背脂」に位置づけております(詳細は大盛り研究所・燕背脂ラーメンの巻をご覧ください)。

もともと「まつや食堂」からの流れと聞いておりますが、多店舗展開など確固たる地位を築かれ、燕背脂ラーメンを全国区・・・いや、海外進出まで果たしたりして、立つ鳥跡を濁さず・・・違った、逆、逆!・・・志村、後ろ、後ろ!・・・飛ぶ鳥を落とす勢い! なのであります!

「道を切り開いた!」という意味で、冒頭の第二産業道路~国道289号のお話に無理やり繋げて・・・着地! 強引グマイウェイ!

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:三条市興野1丁目16-20潤の公式サイトでは三条市興野1-115-4ですが、マップ検索の結果を優先しています)

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。