長岡市 星長豆腐店 名水栃尾のおぼろ / 重なり合った唇が、少し震えていた。

栃尾といえばジャンボあぶらげですが、こちらもすばらしいのです。

星長豆腐店・名水栃尾のおぼろ(開封前)

2018年6月の撮影です。

星長豆腐店のおぼろ豆腐、その名も「名水栃尾のおぼろ」。

ちなみに「ほしちょうとうふてん」です。「ほしながとうふてん」ではございませんよ (^_^)

「おぼろ豆腐」という言葉は、豆腐の種類を指す場合と、豆腐料理を指す場合とがあるみたいですが、名水栃尾のおぼろはもちろん前者のおぼろ豆腐。

一般財団法人全国豆腐連合会(全豆連)公式サイトの「豆腐の種類詳細」によれば木綿豆腐の一種で、

木寄せ豆腐(おぼろ豆腐)

木綿豆腐の工程中、型箱に入れる前の「寄せた状態」のものを器に盛って製品としたものです。寄せたままの豆腐という意味で寄せ豆腐と称したものと思われます。型箱での圧搾や晒しをしないので、木綿豆腐とは一味違った食味・風味が得られます。別名の「おぼろ豆腐」は、おぼろ月夜のもやもやとした状態に似ているからとの説があります。

なのだそうです。

実は私、豆腐は基本的に木綿より絹ごしが好きなのですが、おぼろも木綿の仲間だったとは! 意外です。

前置きが長くなっちゃいましたね。いただきましょう。パカッとな♪

星長豆腐店・名水栃尾のおぼろ(開封後)

塩でいただくのが我が家の定番です。素材の味・濃厚な大豆の味を楽しみたいのです。

食感というか口当たりというか舌触りというか、そっち方面は絹ごし豆腐のほうに近い感じで、とってもなめらか。「重なり合った唇が少し震えていた、はじめてのチュウのよう」とでも言いますか。うーん、ロマンチック♪

「キモい! キモいよおじさん!!」

‥‥(T_T)

じゃー、「甘くない、なめらかプリンのよう」ってことで。でも、星長豆腐店にはおぼろプリンという商品もあるので紛らわしいかな?

おぼろプリンは名前の通りスイーツ仕立てのおぼろ豆腐で、黒蜜やカラメルソースをかけていただくのだそうです。未食ですが、おそらく違和感なく美味しいだろうと思われます。

そういえば、星長豆腐店のメイン商品であるはずの「栃尾名物あぶらげ」も未食なのでした。豆腐の副産物のおからは記事にしてるんですけどね、無料でもらえますからね (^_^);

おからはセルフでお持ち帰りする形式で、痛みやすいので自己責任でお願いします的な感じです。クーラーボックスみたいなのを用意していくといいかもです。

ごちそうさまでした。。。。。

お店の住所:長岡市栃尾大野町1丁目2-27

公式サイト:あぶらげ おぼろとうふ 新潟栃尾の星長豆腐店(栃尾商工会)

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。