燕市 拉麺 王風珍 もやしらーめん / 燕市吉田地区のソウルフード!鶏肉のレモン和えと一緒にどうぞ。

燕市(旧・分水)のR116号沿い。「拉麺 王風珍(わんふうちん)」・・・平日でも入口前に並ぶことがある人気店。地元に愛されてる感が満載。

王風珍 2018-06-29 062

基本的に「燕背脂ラーメン」なのですが、わずか数十円(2018年6月末 当時は50円差)で、こんもり「もやし炒め」が乗るのでお得です。キャベツや人参、豚肉まで入ってるので豪華。

王風珍 もやしらーめん 730円 大油 2018-06-29 065

味の方も「背脂」と「もやし炒め」の相性抜群! 脂と油!双方が呼応するように最大限の相乗効果が引き出されます。「もやしらーめん」おっすすめでございます。

ちなみに、この写真で「大油」となっております。オホーツク海の流氷 状態。

ちなみに、ちなみに、オホーツク海の流氷は、ロシアの「アムール川」河口でできた氷が南下してくるのだそうです。シベリアからの−40℃以下の寒気がオホーツク海に吹き付けることで流氷は成長していくのですって・・・奥さん!

つまり、北海道に流れ着いた流氷は、ロシア生まれ日本育ち! 寒そうな奴は大体友達!(あれだね、Dragon AshのGrateful Days・・・俺は東京生まれHIP HOP育ち 悪そうな奴は大体友達!・・・のパロディのつもりだね?)(てか、そこは別に掘り下げなくてもいくね?)(いつもの蛇足)

ラーメンだけでなく、一品料理メニューも豊富。餃子や若鶏唐揚げなども人気です。なかでも燕市吉田地区を中心に地域グルメとして強く推してる「鶏肉のレモン和え(鶏肉のから揚げに甘いタレをからめ、レモンとパセリが香って食欲をそそるメニュー)」もございます。

燕市吉田地区の「鶏肉のレモン和え」については、ケンオー・ドットコムさんの記事が、とてもわかりやすいので、良かったらご一読下さい。以下、抜粋↓

“なぜ鶏肉のレモン和えがソウルフードに”

1981年、三条共同調理場から吉田地区の吉田中学校へ異動した栄養士が、三条市の給食で好評だった「鶏肉のレモン和え」を献立に盛り込んだ。その献立を子どもたちが喜んでいると聞いて吉田給食センターと吉田町立保育所も献立に取り入れた。

その後、吉田給食センターの栄養士が弥彦小学校へ異動し、弥彦村でも献立に盛り込んだところ好評で、吉田・弥彦地域で鶏肉のレモン和えの献立が根付いたと言う。近年、吉田地区の吉田商工会青年部が鶏肉のレモン和えをの販売で各種のイベントに出店し、ソウルフードとして積極的にPRを展開している。

へぇ~・・・そっか~、給食が原点だったんですね。そりゃー、ソウルフードと言えますね。(そうそう!流氷の話じゃなく、そういう地域性の強い、有益な情報を待ってました!だったのよ、大盛り君! てか、さっすが!ケンオー・ドットコムさん!)

もやしらーめん(背脂)と、鶏肉のレモン和え どちらも燕市のダブル・ソウルフード♪・・・・セットいただけば、あなたも今日からスワローズ!(燕っ子)

ごちそうさまでした。。。。。

お店の住所:燕市下粟生津2955-2

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

フィードバック

返信をクリックすると子コメントを投稿できます(最大5階層まで)。階層を下げたくないときは親コメントに返信して弟コメントにするか、別コメントとして投稿してください。

  1. やはり、給食の
    記憶への食い込み方は
    ハンパ無いですもんね!

    オレより少し後の世代の
    アイスのクレープとか、
    尋常じゃなく
    盛り上がりますもん。

    オレは、ストーブであっためた
    牛乳に、ココア味のつぶつぶ入れたのと、
    ソフト麺、揚げパン辺りが

    刺さってます!!

    1. 給食ですと「鯨肉の竜田揚げ」がとても記憶に残っています。鯨がまだ安かった時代・・・今なら大御馳走です。
      中越牛乳の水っぽい牛乳と、パンは「たらだや(鱈田屋)」さん。
      5年ほど前に同級会をした時に記念品代わりとして、たらだやさんから揚げパンを100個ほど注文した事がありました。(^_^;)懐かしい味でした。
      ヨーグルトに果物が入った、通称「赤ちゃんのゲ○ォ」(○の中はボ)も印象深いです。

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。