燕市 ラ・ムー(パクパク)燕吉田店 たこ焼き / 100円で まさかの手作り ワンコイン‥‥字余り。

国道116号沿い、吉田のラ・ムーです。

ラ・ムー燕吉田店の入口

春日町交差点の角にオープンしたのが2018年春で、行ってみたのが6月のこと。

まず目を惹かれるのがピンクの外壁で、店名のとこに「24時間営業 メガディスカウント」とありますが(見づらい写真ですいません)、ほんとにそのとおり! なんでも超激安っす!!

ちなみに左上のほうの「LA」は「LAMU」で、店名の英語表記です。LAとMUはスペースで区切らないのが公式みたいですが、だったら「ラムー」なのでは? と思わなくもない。

そういえば、私はラ・ムーって言われると菊池桃子さんを思い出してしまう世代なのですが、あちらのラ・ムーは「RA MU」。

ですので、店名の由来として「社長が菊池桃子さんのファンだから」という説は‥‥ハイ! 消えた~!(なるほど・ザ・ワールドふうにお読みください)

まー、実際どうなのかは知らないんですけどね (^_^)

社名は大黒天物産株式会社で、岡山の会社だそうです。公式サイトの企業情報のページによると、社名の由来は七福神の大黒天で、

当社に関わるあらゆる人、企業、そして社会全体の「豊かさの追求」を表しています。

とのことです。

ラ・ムーは同社の経営する店舗ブランドのひとつで、ディオというディスカウントストアをショッピングセンター形態に発展させたのがラ・ムーなんだそう。

全商品びっくりするほど安かったですが、今回ご紹介するのはラ・ムー自体でなく、こちら。

パクパク(PAKU-PAKU)の外観

併設されている「ファーストフード パクパク」です。

上のほうの看板をご覧ください。いい意味で昭和チックなデザインですが、「たこ焼き」「ソフトクリーム」「かき氷」の文字とともに百円玉の絵が‥‥。

そうです。なななんと、PAKU-PAKUの食べ物はワンコイン! どれも100円、たったの100円! ゴイスー!!

思わず口ずさむ尾崎豊、「15の夜」。

100円玉で買えるぬくもり 熱いたこ焼き握りしめ

そうそう、焼きたてをね、ギュってね♪ ‥‥なんでやねん! それは「熱い缶コーヒー」やん!(ノリツッコミ、下手ね)

テイクアウト専門で、食券制です。食券は渡し口左側の券売機で購入します。

ラムー燕吉田店・パクパクの券売機

「焼き上がりまで約■分」と貼り紙が。

店内では、店員さんがガスのたこ焼き器でたこ焼きを作ってます。「100円だし冷凍をチンでしょ?」くらいに思ってたのに、まさかの手作り。ちゃんと手作り。

どんどんどんどん焼き続けてるので、手をやけどしないかちょっと心配。一日中焼くのはなかなかしんどい、これがホントの「手が焼ける」作業‥‥とか? うまい!(うまくない)

2パック購入しました。

ラムー燕吉田店・パクパクのたこ焼き(開封前)

いや違いますよ、一つはお土産用ですよ (^_^);

外見はなかなかのサイズ。でも~、どうせ中身は小さくて少ないんでしょう?(テレビ通販ふうにお読みください)

ラムー燕吉田店・パクパクのたこ焼き(開封後)

いいえ! 大粒! ぎっちり! 6個もイン!

ビックリマークを連発しましたが、正直、味付けは‥‥。ソースなんですけど薄くて、どっちかと言うと醤油っぽいお味で、好みではなかったです。

でも、「いやいや、このあっさりしたのが好き!」って方も当然おられると思います。たこ焼きの好みは十人十色、みんな違ってみんないい。

という感じですっかり心を鷲掴みにされましたが、店内は一体どうなってるのでしょう? 中に入って、果たして正気でいられるのでしょうか?

次回、ラムーでお買い物の巻。カミンスーン!

ごちそうさまでした。。

お店の住所:燕市吉田東栄町12-9

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。