三条市 八号線食堂 ラーメン定食 / ストリートでストレート、目玉焼きでヨシ!

2018年7月のお話、「八号線食堂」です。

八号線食堂の外観

筆文字で壁に大きく書かれた、めし

力強い、頼もしい! 赤い色は褪せてきてますが、そこが渋い! もし建物の裏側にも書いてあったら、これがホントの「うらめしや~」♪

どストレートな店名どおり、国道8号のストリート沿いです。ストリートでストレート。てか、英語だと「ルート」ですかね? 「R8」ですもんね (^_^);

トラックドライバーさんの御用達です。お店の前の駐車場は、8号線の路肩というか側道みたいになってて、大型トレーラーとかでも入りやすいと思われます。

入口ののれんも渋い。

八号線食堂の入口

紺地に白文字で、こちらもいい感じの退色ぐあい。店名に合わせて5枚に割れてます。

壁にはお品書き。

八号線食堂のメニュー

これを撮影しておけば、行く前に食べるものを決めることができて、迷わずに済む!

‥‥と思ったのですが、見て、見て。クリックで拡大して見て見て見て(© マーフィー岡田)。料理名と値段が微妙にズレてます。そこも逆にいい感じ。

さて、どれにしましょう。ブリカツ丼が気になるなー、たしか佐渡の名物だったはず。うーん。

いろいろ迷って、結局これにしました。

八号線食堂のラーメン定食

「ラーメン定食」です。

お品書きにもかいてありますが、ラーメンと目玉焼きと半ライス。おしんこも付いて(この時は)730円でした。

ラーメンは、これぞ食堂のラーメンって感じ。

八号線食堂のラーメン定食・ラーメンのアップ

醤油スープに縮れ麺、チャーシュー、メンマ、海苔、ネギ、ワカメ。まったく問題ございません!

ライスは「半」の割に多め。

八号線食堂のラーメン定食・半ライスのアップ

半ライスでなく、六分ライスと、いや、七分ライスと呼びたい。

さすがトラック野郎の御用達、盛りが良い! ガッツリいきたい時に良い!!

そして目玉焼き。

八号線食堂のラーメン定食・目玉焼きのアップ

きれいです、映えってます。黄身の半熟加減はこのくらいが好きです。

ふと思ったのですが、目玉焼きはこのように2個セットなのが正しいのでは? だって、「目玉」焼きってんですからね。よくよく考えると、ちょっとグロいネーミング。

目玉焼きという料理はどうやら洋食みたいなのですが、英語ではストレートに「fried egg」。

この場合の fried は「フライパンで加熱した」みたいな意味らしくて、意訳すれば「焼き卵」となります。もしかして、日本には巻いて作る卵焼きがすでにあったから、それと区別するために目玉焼き呼びになった‥‥とか?

英語では焼き方にも名前があって、

sunny side up 片面だけが焼かれて黄身がほぼ液状
over easy 両面が焼かれて黄身が軟らかい
over medium 両面が焼かれて黄身がやや固め
over hard 両面が焼かれて黄身もしっかり火か通っている

と呼ぶのだそうです(目玉焼きって英語でなんて言うの? – DMM英会話なんてuKnow?)。

日本の目玉焼きに一番近いのは「sunny side up」だそうですが、黄身は八号線食堂みたいに半熟でお願いしたいのであります。ドゥユーアンダスタン?

その半熟目玉焼きを、こう。

目玉焼きオンザライス

ライスにオン、オンザライス!

八号線食堂のラーメン定食はなかなか珍しい構成と思うのですが、目玉焼き、アリですね。ライスにのせてヨシ、ラーメンにのせてヨシ。ヨシヨシづくめ。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:三条市大島46-1

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。