燕市 拉麺 王風珍 ちゃーはん / 粟生津と米納津と米津玄師。

燕市の国道116号沿いにあります「王風珍」。「おう?ふう?・・・」いえ、「わんふうちん」と読みます。燕市でも旧・分水地区になるかと思います。

王風珍 2018-07-13 006

店名からも「中華料理店」な色が強めですが、提供されてるラーメンは「燕背油ラーメン」の部類に入ると思うのですが、その中でも独自に進化された感じ。亜種なんて言い方も出来そうです。美味しくて人気があり、お店自体が大箱なのに平日でも並んでることがあります。

麺類も良いのですが、炒飯も美味しいです。

王風珍 2018-07-13 004

ちゃーはん(大盛り)スープ付。700円(+大盛り100円)くらいだったと思います。

見ただけでわかる美味しい炒飯。

王風珍 2018-07-13 003

そもそも美味しい炒飯って中華鍋を振ってる音がいいもんなぁ~♪。

炒飯は炒めてる音で美味しさが伝わるような気がします。大盛りにして無性に食べたくなるんですよ~、炒飯。

そうなりますと、餃子も美味しいでしょうし、中華鍋の音で言えば、野菜炒めも美味しいに違いない!

「若鶏唐揚げ」も人気で、ラーメンと一緒に頼む率高め。高確率。「町中華で飲ろうぜ」でもイケると思います。

ちなみに、「粟生津」と書いて「あおうづ」という住所になりますが、もっと北に向かった燕市吉田地区に「米納津」と書いて「よのうづ」という地域があります。

どちらも、パッと読めないのですが、互いに「津」と付いてるので昔は「港」・・・と言っても川でしょうけど、船着き場っていう言い方がいいか?・・・で、米を収めてた船着き場が「米納津」、粟の生えてた船着き場で「粟生津」だったのかも知れません。

ちなみにちなみに、米納津の文字をみると、米津玄師を思い出すのは私だけでしょうか?(燕あるあるじゃないですか?)

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:燕市下粟生津2955-2

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。