東京都墨田区 日本橋やぶ久 両国江戸NOREN店 せいろ / 暖簾に腕押し、専門GUY。

2018年7月、両国へ行ってきました!

江戸東京博物館越しの両国国技館

「‥‥え? 大相撲? ついに初土俵?」

ノーノー、アイアムノットアスモウレスラー。東京の史跡を探訪する旅「東京タイムトラベル」です。

こないだ記事にしたミステリーツアーとは別にやってる企画で、今回が2回目となります。1回目(2018年3月)の記事はこちら

行き先の決定とか切符の手配とか宿の予約とか、ぜんぶ人任せなんですけどね (^_^); 歴史好きのバンドの先輩に連れてってもらってます。先輩、いつもありがとうございます!

というわけで上越新幹線でビューンと2時間。お昼時でしたので、まず「両国江戸NOREN」で昼食です。

両国江戸NORENの店舗案内看板

両国江戸NORENは和食店を集めた飲食施設で、「粋な江戸の食文化を楽しむ」がコンセプトだそう。場所は両国駅のすぐそばです。というか、両国駅の旧駅舎を使ってるのだそうですよ。

中に入ると、なんと!

両国江戸NORENの土俵

土俵! はっけよい!

でも実は見る用の土俵で、上がることはできません(当然)。外国からの観光客もいっぱいで、インバウンド。

お店はこの土俵を取り囲む形で営業してます。腹が減っては相撲は取れぬということで(とる気まんまんやないかい)、こちらをチョイス。

日本橋やぶ久両国江戸NOREN店の入口

明治35年(1902年)創業の老舗蕎麦店、 やぶ久(やぶきゅう)です。

のれんに「日本ばし やぶ久」とあるのは、日本橋に本店があるから。こちらは両国店なのですが、正式には「日本橋やぶ久 両国江戸NOREN店」となるようです。長い!

老舗ということで格調高く、値段も高そう。壁には、

日本ばしやぶ久両国店・壁のセットメニュー

「せいろそばと老舗蕎麦店の親子丼 1500円」「せいろそばと江戸前天丼 1800円」(どちらも税抜、以下同様)

セットとはいえ、いいお値段(汗)。卓上のお品書きを見ますと、

日本ばしやぶ久両国店・卓上メニュー

「せいろ 800円」

これだ! ホッと胸を撫で下ろし、先輩と二人で呼吸を合わせて注文しました。「せーの、せーろ!」って (^_^);

日本ばしやぶ久両国店のせいろそば

割り箸の袋には「創業明治三十五年」。

もう、これだけで「美味い!」ってなっちゃう。完全に雰囲気に飲まれてます。

富士そばが一番美味いとか言っちゃう私でも、「さすがに富士そばとは違う!」と思いました。お値段的にも大せいろー! いえ、大成功!

まー、いつも言ってるように蕎麦は専門外なので、感想も話1/2の神話でお願いします。役に立たないてか、張り合いがない? これがホントの暖簾に腕押、江戸NORENだけに。

ちなみに後で知ったのですが、やぶ久はカレー南ばんが名物なのだそうです。てことは、実は庶民的で気安いお店なのかもですね。

「東京タイムトラベル・2018夏の陣」、次回へ続きます。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:東京都墨田区横網1-3-20(両国江戸NOREN一階)

公式サイト:日本ばし やぶ久

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。