三条市 豪海亭 / ラブラブシティで、ホニホニ話。

2018年のお盆のこと。東三条の居酒屋、豪海亭で呑み会でした。

ごうかいていだけに、豪快に呑み会?! ‥‥いえ、さほど。‥‥普通に呑み会w

豪海亭で呑み会

第一産業道路こと県道121号沿い、「りとる・たうん」の中にあります。

りとる・たうんはですね、なんと申しましょうか。いろんなお店が集まった場所ってか、三条市内におけるロードサイド型複合商業施設の草分け的な‥‥って大げさか? (^_^);

ワタクシがナウなヤングだった頃、りとる・たうんは「ラブラブシティ」という名前でした。

この名前を知ってるのって、40歳代くらいの世代まででしょうかね? 自分の中では、今でも「ラブラブシティのとこ!」って言いがちです。

第一産業道路を挟んで南北に分かれておりまして、南側のほうにはとんかつ三条とかがあって、いや、あそこはもしかしてお隣なのかな? 四日町から移転したブックスササハラとか、サウンド北越の三条店とかがありました。サウンド北越はハードオフの前身ですね。

で、現在豪海亭があるのは北側の区画でして、そちらは後からオープンしたのです。当時は確か「ラブラブシティII」呼びだったと思います。

ラブラブシティ時代の想い出もいっぱいありますが、特に「ホニホニ」ですかねぇ~。当時のナウなヤングなら知らない人はいなかったのでは、ってくらい流行してたお店。

いわゆるデスコタイム? ディスコタイム? みたいなのもあって、こぞって行きましたねぇ~。今思えばバブル経済チックな感じでしたね、ホニホニ。

あ~、ラブラブシティって名前のほうが絶対によかったのにな~。インパクトあるし。‥‥なんでしょう、時代の流れってヤツですかね?

時代の流れには逆らえません。ここは潔く兜を脱ぎましょう。

豪海亭・鯛の兜焼き

‥‥鯛の兜焼きだ・け・に! (^_^;)

鯛の胸ビレのとこには、鯛の形をした骨があって、「鯛の鯛」と呼ぶのです。‥‥って「美味しんぼ」で学んだジェネレーション集まれー!(笑)

残念ながら、この日は見つけられなかったです。鯛の鯛、わたし見タ~イ♪ とても見タ~イ! 早く見せてよ~、じれっタイ!

いやー、鯛のダジャレは思いつきやすいですね。安易に字数稼いじゃったな。

豪海亭といえば、やはり大きいお刺身。

豪海亭のお造り

鯛の身は、こちらのお刺身になったのでしょうか? 豪快じゃー!

店名から分かるかもですが、やはり魚介系のお料理がよいです。これがホントの「名は鯛を表す」 ‥‥タイ違いや!

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:三条市興野2-2-58(りとる・たうん内)

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。