長岡市 らーめんの土佐屋 宮内店 / ジンジャーが、エール! 生姜と背脂も試してみたい。

長岡市 宮内(要町)にある、黄色い外壁が目立つ「らーめんの土佐屋 宮内店」。魚沼市(堀之内)に本店があります。

土佐屋 宮内店 2018-08-16 011

外観の写真の撮り方の、クセがすごい!(笑)

その魚沼市の本店は、自分がラーメン食べ歩きを始めた(少なくとも)20数年前くらいの地元月刊誌(まー、端的に言えば『月刊新潟こまち』なんですが・・・)の「ラーメン特集」では数あるラーメン店の中でも、いつも1位に輝いてたお店でした。行列必至店でしたよね。

その支店が長岡市にも出来たと言う事で、当時は喜び勇んで行った記憶です。開店当時はもっと生姜が控えめ・・・いや、むしろ、生姜の印象がなかったけど、今いただくと同じ長岡生姜醤油ラーメンのお店の中でも、生姜強め!ジンジャーが、エールな一杯になっています。(^^)

ちなみに、うちの母親はいろいろと独特のボケを披露してくれますが、近年になり「ジンジャーエール」にハマりまして、「こんな美味しい飲み物初めて!」とか言って好んで飲んでますが、「ジンジャーエール」と覚えずに「ジンジャーエース」って覚えてしまい。いつも「ジンジャーエース、ジンジャーエース」言うとります。(^_^;)一度間違って覚えちゃうとなかなか直りません、あるある。(あるのかなぁ~?)

「ジンジャーエース!!・・・めっちゃ、つ、つ、強そうじゃん!」

土佐屋 宮内店2018-08-16 006

こちら、生姜強めで、まさしく「ジンジャーエース」と呼びたい・・・土佐屋 宮内店の「ラーメン」になります。

(ええ、言い訳になりますが)中盛と大盛りが同価格の為・・・どうしても大盛りにて、いただくことになります、なっちゃいますよね。

時々、無性に食べたくなる一杯。

ただ、一度も試した事はないのですが、この長岡生姜醤油ラーメンな一杯に、背脂を浮かせた「背脂ラーメン」というのも食べてみたいです。

もともと、本店の方は「背脂ラーメン」で有名でした。でも、燕背脂醤油ラーメンではなく、東京の環七ラーメン系の背脂でしたよね。たぶん、「土佐っ子」からの「土佐屋」なんだと思われます。

生姜と背脂の相性は、如何ほどに?!

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:長岡市要町1-8-48

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

フィードバック

返信をクリックすると子コメントを投稿できます(最大5階層まで)。階層を下げたくないときは親コメントに返信して弟コメントにするか、別コメントとして投稿してください。

  1. 土佐屋、堀之内は開店直後よく行っていました、当時その辺りに住んでいたので。

    で、土佐っ子、ここは大学時代に週一の頻度で一年近く通っていました。赤い割り箸持ちながら(^ω^)

    どっちも好きだったなー。

    1. コメントありがとうございます 土佐っ子に行った事がないので、開店当時の土佐屋と、土佐っ子の関係性が気になります。味は近い部分あったでしょうか?

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。