疫病退散の願いを込めて、アマエビ。‥‥いえ、アマビエ。

妖怪にもすがる思い(?)で、疫病退散の妖怪・アマビエを描いてみましたぞ。

新型コロナウィルスをやっつけてくださいませ、アマビエさま~♪

アマビエ

呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン♪ なんか用かい?(‥‥妖怪だけに)

ありがたやありがたや。‥‥けど、そもそもアマビエとはなんぞや?

「あれでっしゃろ? お刺身やお寿司にするやつ。頭は味噌汁がええね」

それはアマエビでしょ。アマビエですよアマビエ。

「あー、ほんならアレや、ルックルックこんにちはでやってたやつや」

それはエアロビね、ジェニー中尾さんのアロービックダンシング‥‥って古すぎるわ!

「じゃあこれやろ、しっぽの長いトカゲ!」

それはカナヘビ! ビしか合ってへんやんけ!

‥‥えー、下手な漫才はこれくらいにしまして、アマビエです。Wikipediaの「アマビエ」によりますと、妖怪の一種でして、

肥後国(現・熊本県)の夜ごとに海に光り物が起こったため、土地の役人がおもむいたところ、アマビエと名乗るものが出現し、役人に対して「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作がつづく。しかし同時に疫病が流行するから、私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行ったとされる。

というもの。

同類のアマビコアリエという妖怪もいて、いずれも

  • 海などから出てきて自分の名前を告げる
  • 将来の疫病流行を予言する
  • 自分の姿を見たものはその疫病から逃れられると告げる

のだそうです。

ユキヒロック画伯のアマビエも、スマホの待受にすればアラ不思議! きっと「なんだこれ?」と言われることでしょう (^_^);

信じるか信じないかは‥‥あなた次第! ですが、少しでもなごんでいただければ本望でございます。肉体的にも精神的にもしっかり健康管理いたしましょう。

投稿者:ユキヒロック

同じカテゴリーの記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。