疫病退散の願いを込めてアマエビ、、、いえ、アマビエ。

「妖怪にもすがる思い?!」で、疫病退散の妖怪「アマビエ」を、ユキヒロック画伯が描いてみましたぞ。ありがたや、ありがたや。

いや、「アマエビ」ではござらんよ、、、そうそう「エアロビ」でもござらんよ、だーかーらー・・・「カナヘビ」は、ビしか合っておりませぬぞ。

amabie2

「なんか、妖怪?(ようかい?)」 呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン♪

よかったら、ダウンロードして自由にお使いください。

・・・ってかさ、アマビエとはなんぞや?

 

wikiより↓

アマビエ(歴史的仮名遣:アマビヱ)は、日本に伝わる半人半魚の妖怪。光輝く姿で海中から現れ、豊作や疫病などの予言をすると伝えられている。同種の妖怪と考えられるものに尼彦/あま彦/天彦/天日子/海彦(読みの推定:あまびこ)、尼彦入道/天彦入道、アリエがある。
江戸時代後期の肥後国(現・熊本県)に現れたという。この話は挿図付きで瓦版に取り上げられ、遠く江戸にまで伝えられた。
弘化3年4月中旬(1846年5月上旬)のこと、毎夜、海中に光る物体が出没していたため、役人が赴いたところ、それが姿を現した。姿形について言葉では書き留められていないが、挿図が添えられている。
その者は、役人に対して「私は海中に住むアマビエと申す者なり」と名乗り、「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行った。

しかも、熊本以外にも遠く、この新潟にも目撃例の記録が残ってると言うから不思議。姿かたちや伝えられてることも酷似してます。

年代が特定できる最古の例は、天保15年(1844年) の越後国(現・新潟県)に出現した「海彦(読みの推定:あまびこ)」を記述した瓦版(『坪川本』という。福井県立図書館所蔵)、その挿絵に描かれた海彦は、頭からいきなり3本の足が生えた(胴体のない)形状で、人間のような耳をし、目はまるく、口が突出している。その年中に日本人口の7割の死滅を予言し、その像の絵札による救済を忠告している。

信じるか 信じないかは・・・あなた次第です!(^_^;)

待受画面にしておくと、「ご利益」としてきっと「・・・なんだこれ?」と言われることでしょう。少しでも和んでいただければ本望でございますぅ~・・・フフフ(^_^;)

気持ちをしっかり持って、肉体的にも精神的も健康管理して生き残りましょう。

お願い アマビエさま~♪(結果、妖怪頼みかい!)

投稿者:ユキヒロック

同じカテゴリーの記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。