長岡市 江口だんご 曙店 五色だんご / 只今参上、甘党戦隊ダンゴイジャー!

前回の続きです。

青島食堂曙店で長岡生姜醤油ラーメンをいただいた後は、はす向いの有名和菓子店・江口だんごでデザートを購入。なかなか欲張りな長岡満喫コースです。

江口だんごといえば、やはりこれ。

江口だんごの五色だんご・折り箱開封前

「五色だんご」です。

何がいいって、まず折箱。さすがに本物の経木ではないけど、プラスチックのパックより全然雰囲気ありますよね。

蓋を開けますと‥‥

江口だんごの五色だんご・折箱開封後

団子の宝石箱や~♪

左から、こしあん、ずんだ、黒ごま、みたらし、海苔。串団子五本で五色だんご。

戦隊ヒーローみたいですよね。コシアンジャー、ズンダンジャー、ゴマンジャー、ミタラシンジャー、ノリンジャー。5人そろってダンゴイジャー!

黒が二人いますけど、バンキッドという前例もございますのでそこはOK。長岡市のローカルヒーロー、甘党戦隊ダンゴイジャー。この秋、地上波放送決定! カミングスーン!(嘘)

江口だんご 長岡 2018-10-28 012

サイズ大きめで存在感。まぶしいくらい美しい。

どの味にもそれぞれこだわりを感じますが、そもそも団子そのものがやわらかくて美味。基本性能が違う感じ。

この際「どれが一番美味いか?」てのはよしましょう。みんな違ってみんないい、串団子も多様性の時代です!

時代といえば、江口だんごは明治時代から続く老舗なのです。創業は明治35年(1902年)だそうですよ。

公式サイトの「江口だんごについて」のページには、

明治9年に完成した最初の長生橋は信濃川の中州をまたぐ東西2本の橋。初代駒吉がその中州に茶屋を出し、行き交う人々にだんごや煮しめなどを賄って旅のお茶処、行商の方たちのお休み処として賑わっていました。ところが明治40年の大洪水で中州の茶屋が跡形もなく流されてしまい、東岸の山田町に移りました。

とあります。

現在の長生橋は中州を通っていませんが、昔は違ってたんですね。食に歴史ありです。そう思って見ると、五色だんごも信濃川の流れみたいに見えてきます(‥‥そうかなぁ~?)

江口だんごでは、新潟名物の笹団子や醤油赤飯(醤油おこわ)などもやってます。長岡駅の駅ビルCoCoLoにもお店がありますので、県外からお越しの方はお土産にいかがでしょうか。長岡には行く機会がないけど食べてみたいという方はWeb通販をどうぞ。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:長岡市曙3丁目3-17

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。