長岡市 江口だんご 曙店 5色だんご / 甘党戦隊・ダンゴイジャー5 (放送未定)

長岡市の有名和菓子店「江口だんご」。曙店は、青島食堂 曙店の斜め前辺りにありまして、長岡生姜醤油ラーメンをいただいた後のデザートには「江口だんご」なんてのは、なかなか欲張りな長岡満喫コースですね。

江口だんご 2018-10-28 009

江口だんごと言えば!な、5色だんご・・・何が良いって、まず容器が良い。

江口だんご 長岡 2018-10-28 010

「おだんごの宝石箱や~♪」・・・美しい。眩しいくらい。

味の違う5本の串だんごは、サイズ大きめ。一串ずつ、存在感があり、あんこ・ずんだ・黒ごま・みたらし醤油・海苔・・・それぞれに拘りを感じますが、そもそも餅部分が柔らかくて味が良くて、基本性能が違う感じ。

ゴレンジャー的な戦隊ヒーローモノでTV番組つくれそうじゃないですか? この際、タイトルだけでも考えておきましょう。う~ん・・・・「甘党戦隊 ダンゴイジャー5(ファイブ)」でいかがでしょう?(安直やなぁ~)

この秋・・・地上波 放送決定!カミングスーン!・・・されてもおかしくない!。(いや、おかしいだろ?)

5本のうち、「どれが一番美味いか?」なんて愚問はよしましょう。みんな違ってみんないい!だんごも多様性の時代ですな。

あ、時代と言えば・・・こちらの江口だんごは創業明治35年!

江口だんご 公式サイトより抜粋↓)

創業ヒストリー
『初代の江口駒吉が信濃川中州で行き交う人々にだんご・煮しめ等を賄う。』
明治9年に完成した最初の長生橋は信濃川の中州をまたぐ東西2本の橋。
初代駒吉がその中州に茶屋を出し、行き交う人々にだんごや煮しめなどを賄って旅のお茶処、行商の方たちのお休み処として賑わっていました。ところが明治40年の大洪水で中州の茶屋が跡形もなく流されてしまい、東岸の山田町に移りました。

長岡の信濃川にかかる長生橋って、明治時代は1本の橋でなく、中洲を経由してたんですね。食に歴史あり!ですね。

江口だんご 長岡 2018-10-28 012

そう思って見ると、明治の信濃川 中洲の活気みたいなのが感じられます。(・・・ますか?)

他、新潟名物の代名詞になってる「笹団子」(三角ちまきもあります)や、赤飯なのに茶色い・・・長岡名物「長岡赤飯(醤油おこわ・しょうゆ赤飯)」もやってます。
最近は「だんご屋プリン」なんてのも流行ってるようです。カルメラ部分が醤油で、みたらし味なプリンだそうです。想像しただけで美味しそうです。

通販もやってるようですよ。(江口だんご本店 WEBショップ

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:長岡市曙3丁目3-17

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。