燕市 光陽楼 ラーメン&たまごチャーハン / あえての平仮名、「たまご」の理由。

県道18号沿い、「光陽楼」でランチング!

光陽楼の看板

看板には「中華れすとらん KoyoRo 光陽楼」とあります。2018年11月のお話なので冬空です。

入口にはスーパードライの看板が。

光陽楼の入口

年季が入ってますけど雰囲気ある建物です。ぜひ玉袋筋太郎さんに「町中華で飲ろうぜ」で来ていただきたい。

店内も自然光メインの照明で落ち着いた雰囲気。てか、ぶっちゃけますと店名に反して薄暗い。ムーディーですけどね (^_^);

ランチメニューのセット(の花嫁)をいただきました。

光陽楼のランチセット(ラーメンとたまごチャーハン)

ラーメンと、チャーハンと、ミニサイズですけどサラダも!

ピンクのハムがいい感じ。

光陽楼・ラーメン付属のサラダ

いや、これはハムじゃなくてボロニアソーセージってやつ?

いずれにせよベジファーストできてありがたいのです。血糖値が気になる身ですので (^_^);

サラダを先に食べて、炭水化物祭りの開始。まずラーメン。

光陽楼・ランチセットのラーメン

中華食堂系の清湯なスープ。具にオリジナリティを感じます。

そしてチャーハン。「光陽楼といえば」な、たまごチャーハン。

光陽楼のたまごチャーハン

名前だけ聞くと普通に卵が具のチャーハン(蛋炒飯)みたいですが、光陽楼のは違うのです。半熟のスクランブルしないエッグというか巻かない卵焼きが、チャーハンにオン!

いわば中華版タンポポオムライス。小粋で、おしゃれで、もちろん美味しい。

メニューには「お好みの麺類と一緒にどうぞ」と書いてあって、単品だと300円くらいだったかな? セットありきのミニサイズですが、大盛りで食べたいくらいのお味です。

実はメニューをよく見てなかったのですが、ググってみましたらおかめそば的にパンダの顔を模した「パンダらーめん」というのもあるようで、とても気になります。

よし、またここ寄ろう! ここよろう、こうようろう、光陽楼!(オチてない)

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:燕市横田1405

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。