三条市 らーめん関哲 らーめん(塩のみ)白飯 / 8月まで、中華そば哲ちゃんに移転中。

2018年12月のこと。燕三条駅前で移動販売車で営業していた『立ち食い塩ラーメンかん哲』が実店舗営業されると言うニュースと同時に、プレオープンのお誘いをいただきました。

関哲 プレオープン2018-12-07 023

場所は、三条市西本成寺の以前、『麺道楽 天狗屋』が営業されてた店舗をリニューアルされての開店。

塩らーめん関哲 プレオープン2018-12-07 007 (6)

エントランス&食券機の場所には、銅板打ち出し?な大きなドンブリがドーンぶりと鎮座。座というか、浮いてました。キテマス・テゴマス。

関哲 プレオープン 2018-12-07 010

わ!世にも美しい『塩らーめんと白飯』です。三条市の新たな景勝地として認定されても良いのではないでしょうか?

関哲 プレオープン2018-12-07 018

基本的に、屋台時代の『塩らーめん』を継承。味の深みを感じられる塩スープに、博多ラーメンチックなストレート極細麺。キクラゲが合う! チャーシューも好みのスタイル。

移動販売車の時は使える水の制限があったりしたのでしょう、器が使い捨てなプラスチックでしたが、実店舗になって瀬戸物の丼になったのは美味しさを感じる要素として、とても大きいと思います。

関哲 プレオープン2018-12-07 020

もうひとつ、屋台時代と大きく違うのは『白飯』が頼めます。

シンプルな塩らーめんと、シンプルな白飯。ホワイト&ホワイト! もはや、芸術の域です。ライオン(ホワイト&ホワイトの歯磨き粉ね)も、トミオカホワイト(上越市高田生まれの画家・富岡惣一郎)も吃驚です。

正直、塩ラーメンだけですと呑んだ〆ならちょうど良い量と思いますが、ランチに塩らーめんだけでは物足りない気がしてましたが、白飯が一緒なら「鬼に、うまい棒」です。サクサクです。(金棒ね、金棒)

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:三条市西本成寺1-35-25

なお、厨房機器のトラブルがあり、2020年8月現在は『中華そば 哲ちゃん』店舗内で営業されてます。住所は三条市福島新田丁617-1、国道8号沿いの・元笹舟栄店だったところです。

また、哲ちゃんは2020年8月で定食のお店に業態を変更し、店名も変わるようです。それに伴い、関哲も弥彦方面に移転されるらしいです。

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。