上野駅 崎陽軒 シウマイ弁当 / ひょうちゃんから、駒?!

2018年の年末東京旅行は、あっという間に新潟への帰路。上野駅で購入した『崎陽軒のシウマイ弁当』。

あれ?何かオカシイぞ。 新潟に帰る新幹線の中にあってはオカシなものが並んでいますよ。

そうなんです、正解は『笹団子』(笑)

一緒に行った先輩が新潟土産に持参した笹団子でしたが、会えずにそのままお持ち帰りになってしまい、私にもおすそ分けをいただきました。改めて、笹団子の美味しさと、新潟土産としてのインパクトに感心。本物の笹って凄いよね。

黄色い箱を開けますと、行儀よく? 経木(きょうぎ)の折箱が登場!本物の笹を使ってる笹団子同様、本物の経木を使ってるところがポイント高いと思います。

フタ裏に 付いた飯粒の 愛しさよ。

嗚呼、愛しさよ♪

車中の缶ビールのお供にもなるオカズの布陣。しかし、きちんと白飯も摂取できる弁当としてのバランスの良さ、、、やっぱ完璧です。駅弁の完全体と思います。

ひとつだけ残念なのは、醤油差しがプラスチックな点。

崎陽軒 ひょうちゃん

いえ、お弁当食べたら捨てちゃうから仕方ないのですが、崎陽軒の『昔ながらのシウマイ(15個入と30個入)』についてる陶器製の『ひょうちゃん』が入ってたら完璧だと思う。いや、勿体ないかな。もし『ひょうちゃん』が入ってたら捨てずに持ち帰ること間違いなし。コレクションしちゃいそう。なんと顔違いが48種類もあるそうですよ。

ちなみに昭和30年『ひょうちゃん』に顔を描いたのは漫画「フクちゃん」の作者として有名な漫画家の横山隆一さんなのだそうです。(名付け親も横山さん)

その後、昭和63年からオサムグッズで知られたイラストレーターの原田治さんが手掛けた二代目ひょうちゃんになりましたが、平成15年に初代のひょうちゃんに戻したそうです。

あ、いつの間にか『ひょうちゃん』話になってしまいました。これがほんとの「ひょうちゃんから駒?」…あ、ひょうたんから駒ですね。

ごちそうさまでした。。。。。

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。