ヤマザキ レモナック / レモンケーキの甘酸っぱい思い出。

和洋菓子店ではどこでも見かけた『レモンケーキ』。最近はあまり見かけなくなりましたが、子供の頃から好きでした。(最近、愛の告白から始まるパターンだね。)

レモンケーキ 2018-12-29 007

ヤマザキだと、『レモナック』という商品名なんですね。スーパーで見かけて思わず買ってしまいました。懐かしい~♪

説明しよう♪♪

レモンケーキとは、レモン形状のスポンジ生地あるいはバターケーキが土台になっており、上からチョコレートやアイシングがかかったものや、レモンピールの入ったものなどがある。

歴史
広島県物産陳列館(現在の原爆ドーム)で、大正8年(1919年)3月4日~3月12日まで開催された「似島獨逸俘虜技術工藝品展覧會」の菓子即売所で、日本初のバウムクーヘンと共にレモンケーキが販売されて大好評だったという。(えー!?原爆ドームと関係があったのねー!)

また、製パン整形用型製品を製造する千代田金属工業が昭和48年(1973年)に、洋菓子店からレモン型の焼き型の製造依頼を受けたのがレモンケーキの始まりとも言われている。レモンケーキ全盛期は昭和40年代で、そのころのお使い物といえばレモンケーキが多く、どこの仏壇にもお供えされていたくらいポピュラーなお菓子であった。

尚、レモンケーキ・ブームは昭和40年代末から昭和50年代半ばまで約10年ほど続いたが、2010年代に再来していると言われており、コンビニエンスストアのLAWSONが「スプーンで食べるレモンケーキ」を発売するなど、懐かしのレモンケーキと言うよりも、新しい現代のレモンケーキが登場している。

とのこと。wikiさん、説明ありがとう!

レモンケーキ・ブームどんぴしゃ世代!子供の頃って貰い物が和菓子より洋菓子だった時のテンションは、そりゃー『奪い合い 夏』いや、冬♪(どっちでもええ)なくらい、兄弟で取りあったものです。

その点、最近のブーム再来は納得いかない。

まず、「小さい! やはり、レモンケーキはレモン大!レモンの大きさであれ!」と思うのです。「少年は、大志を抱け! レモンケーキは、レモン大であれ!」です。(全然、上手い事言えてないと思うけど)

そして、お味。 美味すぎ!(笑) …いえ、褒めてるのではありません、レモンケーキの懐かしさを失わないで欲しい。♪都会の絵の具に染まらないで帰って~ 染まらないで帰って~…なのであります。レモンピールとか、反則ですよ、反則。あまり美味しすぎてはいけないように思います。そういう意味では、ヤマザキのレモナック良いです、好きです。

「レモンケーキの甘酸っぱい思い出」とタイトルをつけた割に、レモンケーキはKissの味とか色恋ばなしはひとつもありませんでしたね。

ケーキの話なのに辛口ですみません。ただ、美味しすぎない昔ながらのレモンケーキを食べたいというのは、これからもずっと「口酸っぱく」言いたい。(^^)/ …レモンだけに♪

ごちそうさまでした。。。。

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。