燕市 田之助 青竹打ちあっさり中華 / 麺自体が好きな方に、一度お試しいただきたい。

北吉田駅の踏切んとこの「田之助」。2019年1月のお話です。

田之助の外観

歌舞伎の澤村田之助は「たのすけ」ですが、こちらは「でんのすけ」です。看板にも「DENNOSUKE」とあります。見づらい写真ですいません。

居酒屋がメインなお店です(と思います)が、ランチタイムも営業してて、青竹打ちのラーメン・つけ麺をいただけます。青竹打ちは佐野ラーメンで有名ですけど、新潟では珍しいですよね。

店内はカウンターと小上がりとテーブル席があって、やっぱちょっと一杯やりたくなるような雰囲気です。カウンター席でこちらをいただきました。

田之助の青竹打ちあっさり中華

「青竹打ち中華そば」の「あっさり」です。

レンゲでなく木のお玉で、和風なビジュアル。どんぶりもそばやうどんっぽい。

でも、具はラーメン。てか、中華そば。

田之助の青竹打ちあっさり中華・アップ

チャーシュー、メンマ、ナルト、青菜、海苔、ネギ。チャーシューは低温調理でしょうか。ナルトの「のの字」がデザイン的にアクセント。

スープは和風で、すっきりした醤油味です。「こってり」もあって、そちらは背脂入りみたいでした。

太縮れの麺が美味しかったです。喜多方ラーメンの麺をもう少し太くしたような感じで、コシがあります。さすが青竹打ち、竿竹売りとは一味も二味も違う! (^_^;)

そういえば、軽トラで移動販売してる竿竹って「2本で千円、20年前のお値段です」とか言ってますけど、法外な値段をふっかけられることもあるみたいですよ(さおだけ屋はなぜ「逮捕」されたのか? | ライフハッカー[日本版])。

中には恐喝まがいなことをする業者もいるらしいです。寅さんの啖呵売的に雰囲気や風情を楽しむようにして、呼び止めないのがいいのかもですね。

というわけで、田之助の青竹打ち麺は「ラーメンは麺自体が好き!」という方にぜひ試してみていただきたいです。ダイレクトに麺を堪能したいなら「つけそば」もアリと思います。

あと、帰り際にこんなのをいただきました。

カラリンコのチラシ

田之助に併設されてる姉妹店・カラリンコのメニューチラシです。

カラリンコは、から揚げや焼き鳥などのお持ち帰り専門店ですリンコ(安易なキャラ付け)。田之助の居酒屋メニューをテイクアウトできるようにした感じ?

から揚げのとこにある「レモンあえ」は、吉田のソウルフード・とりにくのレモンあえのことだと思われます。がんばって推進されてますリンコね。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:燕市吉田本所582-1(田之助)

公式サイト:田之助

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。