東京都杉並区 荻窪中華そば 春木屋 荻窪本店 / 伊丹映画「タンポポ」と、春木屋。

2019年の年末に行った「東京タイムトラベル 冬の陣 2019」。(東京タイムトラベルについてはコチラをご参照ください

大阪であれば冬の陣の後に、夏の陣なのでしょうが、こちらは季節に逆らわず、夏の陣2019の後に、今回の冬の陣2019です。

荻窪 春木屋 (8)

荻窪ラーメンの代名詞「荻窪中華そば 春木屋」。ええ、並びましたよ。(^^)/

史跡を巡る旅ですので、いつも食事は栄養補給な感じで蔑ろでしたが、今回は珍しく東京らしさを堪能。しかも、ど真ん中メインストリームを駆け抜けます。

荻窪 春木屋 (9)

行列に並びながら、パシャ♪ 推しは、わんたん麺なのね。

荻窪 春木屋 (10)

よ! 春木屋~!(^^)/

荻窪 春木屋 (11)

カウンターと、チョロチョロとテーブル席。

10人も入れば満席。15人は入れないんじゃないだろうか? こんなに有名なのに超狭小店だったので驚きました。カウンターの目の前で数人前を一度につくるスタイル。

行列になるお店って、本当に美味しかったり、お店のネームバリューが大きかったりする場合もありますが、単に客席が少ないから行列になるパターンと、太麺だったりして作るのが遅く、オペレーションが悪くて行列になるパターンもありますよね。

私は後者を「負の行列」と呼んでますが、春木屋の場合は有名なのに狭いと言う複合的要因のようです。

荻窪 春木屋 (14)

「中華そば」、850円也。

なんと!? 大盛りは1050円! さすがに躊躇しました。(;^_^A

ここまで来てケチくさいこと言わなきゃいいのに、性分だから仕方なし。

荻窪 春木屋 (7)

「名物に旨い物なし」などと言う、ことわざもございますが、想像していた昭和の味とは違っていましたが、正直…美味しいと思いました。(^^)

節香る魚介系スープに、もっと黒いイメージだった醤油は甘味があって、色は琥珀色。具材はメンマとチャーシューと海苔とネギ。

麺が「昔ながら」ではなく、ゴワっとした感じで、現代の若者にもウケそうな今風の麺で驚きました。時代に合わせて進化されてるのかしら?

お店が狭小なのも、あの雰囲気を残しているからこその、この味なんじゃないかなぁ~と思いました。

荻窪ラーメンと言うと、伊丹十三映画「タンポポ」を思い出す方も多いかと思います。映画の中に出てくるラーメンの食べ方の指南は、東海林さだおさんの「ラーメン大好き」って本の中の一節なんですよね。

「そうしましたらですね、こう、なんとなく箸の先でですね、ラーメンの表面をならすというか撫でるというか、そういう動作をしてください」
「それはどういう・・・」
「別に意味はありませんが、ま、なんていうかラーメンに対する愛情の表現のようなものですね」
「ハイ」
「次に箸の先でですね、焼き豚を軽く二,三度つついてからつまみあげてください」
「いきなり焼き豚からいくわけですか」
「いえ食べてはいけません。さわるだけです」
焼き豚を箸の先でいとおしむようにつつき、それからつまみあげ、右上方の位置に沈ませ加減に安置するのだと言う。そして心の中で、
「あとでね」
と詫びるがごとく媚びるがごとくつぶやいて欲しいと言う。

東海林さだお 著 ラーメン大好き!より

映画「タンポポ」に出てくるラーメン店は「春木屋」ではなく、同じく荻窪にあった「佐久信」が再起をかける姿をテレビ番組(愛川欽也の探検レストラン)で応援、放送した話をヒントにしてるそうです。

ただ、映画のロケに使われたお店が、「春木屋 軽井沢店」だったそうですので、映画に出てくる映像のラーメンは「春木屋だったのではないか?」と言われてるようです。

そんなことを鑑みますと、やはり一度は行けて良かったです。お値段以外は納得です。(笑)

一度は…とは言いましたが、実は自分が20歳頃に、仲間たちと「人気の荻窪ラーメン食おう!」って食べに行ったことがあるのですが、はっきりと「春木屋」だったか…記憶が曖昧なんです。

交差点の角で、もっと広いお店だったように思うけど…スープの色ももっと黒かったように思うのです…あれはどこのラーメン店だったのだろう?(って、聞かれてもねぇ~?)

しばらく「東京タイムトラベル2019冬の陣」が続きます。東京に行けない分、ブログの中だけでも旅気分で読んでいただけますと嬉しいです。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:東京都杉並区上荻1丁目4-6

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

フィードバック

返信をクリックすると子コメントを投稿できます(最大5階層まで)。階層を下げたくないときは親コメントに返信して弟コメントにするか、別コメントとして投稿してください。

  1. マンモスと申します。いつもくだるお話で楽しんでいます?
    春木屋さんは大昔(60年前)はもっと醤油色が濃かったです。
    10年くらい前に食べた時は写真と同じくらいかな?
    僕のラーメンの原点です。

    ところで 大盛 なんて上品な言葉でしょう。
    メガとかギガではなく、ユキヒロックさんの性格が出るみたいですね。
    これからも楽しみにしています。

    1. マンモスさん、コメントありがとうございます。
      下っててすみません。(^_-)-☆ ご贔屓いただきありがとうございます。
      60年前の春木屋さん…やはり、醤油色濃かったでしたか。
      大盛りは、もう苗字みたいに「オオモリ」と呼ばれております。(^^)/
      今後ともよろしくお願い致します。

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。