三条市 ひな鳥金子 本店 半羽から揚げ / 生産直売! 金子チルドレンのX’mas。

三条市(見附も含まれるかな?)「ひな鳥」と言えば「金子」と言う連想ゲームが成立するかと思います。「ひな鳥金子」の半羽から揚げ。

自分のホームは本成寺店なのですが、本店は三条市栄地区(東光寺)にございます。家族は本店で買うことがあるのですが、私はほぼ初めて本店の方へ鶏に…いえ、取りに行きました。(いちいち)

ひな鳥金子 1

ひな鳥金子2

包み紙には、「本社」「生産場」「処理場」「そう菜製造」が、栄地区の東光寺になっていますね。「生産直売」…実は自社で養鶏して、加工もされてるんですよ (^_^;)  凄いですよね。

「本店」とは呼ばずに「本社」が正しいのかしら? でも、建物の中はけっこう広くて「店」って感じですけど…まー、どっちでもいいか…。便宜上、今日は「本店」と呼ばせてください。

銀色の包みを開くと…

ひな鳥金子3

そこは半羽であった。(川端康成ふうに言ってみただけ)

半羽揚げはやっぱカレー味の皮、コロモ!

ひな鳥金子4

これが旨し! 皮だけ売ってほしいくらい。

個人的な感想としては、本店は本成寺店に比べるとシットリ(いえ、別に鶏に掛けてるわけでなく)。本成寺店のほうがカラッとしてる気がしますし、若干味付けが濃いようにも思います。基本同じなんで、どっちも「ブレ」程度ですけど。

包み紙ワンスモア。(カーペンターズふうに言ってみただけ)

ひな鳥金子2

東三条店と今町店はよく知ってますが、長岡の新保店には行ったことがありません。店の前を通ることは何度もあるんですけどね。

新保店は店先でコロッケ系の総菜も扱ってるような感じなんですよね。ひな鳥金子好きとしては今度行ってみなきゃな。

ちなみに、ひな鳥金子好きは「ひなラー」で合ってますでしょうか? それとも「カネラー」かな? 「ひなッター」「カネコリスト」とか?

…あ、「金子チルドレン」とかでもいいかな? もうほんと子供の頃から食べていますので、こちらのほうがシックリきますね。決めた! 今日から俺は! 金子チルドレン! (^^;)

そして、実はこの日は2019年のクリスマスイブ。なにせこのブログ、遅筆と申しますか書いてるより食べてるほうが多すぎ…供給過多なもので…

我が家のクリスマスイブは「ひな鳥金子の半羽から揚げ」と決まっております。兄は夜更け過ぎに幸恵と変わるだろう~ サイレンナイ、ホーリーナイ♪

メインディッシュの半羽から揚げの付け合わせには、こちら。

グラタンです。

あとナポリタンも。

我が家のは、お店出したいくらいに美味しい自慢の逸品。

ポテトサラダも上手ですねぇ~。

今回はいただきもののリンゴがいっぱいあったので、それも入れてたみたいです(悪くなかったけど、入れるならキューリのほうが良かったかな)。

そして我が家のロングセラーメニューがこちら。

海老+カニカマ、通称「エビカニクス」。(ほんとは誰もそう呼んでませんが…)

開いたブラックタイガーに、マヨネーズであえたカニカマをオン。塩コショウで味をととのえてオーブントースターとかで焼くだけ。

簡単なのに手が込んでそうに見え、色合いも何かメデタイ感じ。映えます。ぜひおためしを。

そんなわけで季節外れのメリークリスマス! 金子チルドレンのクリスマスのご報告は以上でございますです。

お店の住所:三条市東光寺2367

投稿者:ユキヒロック

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。