燕市 花岡食堂 中華大盛 / ラーメンの、値段について考えた。

西燕駅近くの、「花岡食堂」。

花岡食堂の外観

某雑誌のラーメンランキングで、かなりの上位になったお店。

なかなかマニアックなランキングだなぁ~、と思いましたが(良い意味で)、ランクインてことは、いわゆる「サクラサク」ですね。いや、花岡だけに「花は咲く」?

ラーメンは、燕背脂ですが食堂系のスタイルで、まつや食堂大むら食堂に近いような気がします。

花岡食堂の中華大盛(具はチャーシュー、メンマ、ナルト、海苔、ネギ)

醤油味なのですが、「塩醤油背脂」っていう表現のほうが近いような? スッキリとソリッドに整った味、といった印象。ええ、確かに美味しいと思います。

花岡食堂は、杭州飯店の近所っちゃー近所なので、大木の影に隠れてしまってる感があるかも? でも、好きなラーメンです。

肉そば(チャーシューメン)を頼むと、チャーシューの厚切り具合がなかなかパネーッ! ですので、そちら方面がお好きな方はぜひぜひ。

にしても、燕の食堂の値段設定が強気な件。

「燕は高い」とずっと言ってるのですが、三条の食堂より100円くらい高い。市内の食堂はどこも横並び的お値段なところをみると、組合かなんかで決めてる感じがします。

でも、最近はラーメン700円が当たり前になってきましたね。逆に時代が燕に追いついて来たのか? 燕の食堂がこのまま値上げをしなければ、逆転する日も近いかも?

ここで、ちょっと考えてみましょう。住宅兼用の持ち店舗で、厨房機器も全部揃っている、夫婦のみで営んでいるラーメン店。果たして1日何杯売らないといけないか?

経費をざっくりと計算してみます。持ち店舗だから、家賃は無し。人件費は、お給料という形ではないけど、夫婦だし月に最低30万円は欲しいところ。

水道光熱費などの諸経費が10万円だとすると、月に40万円必要。ひと月あたりの営業日が25日として、40万÷25日で、1日あたりだと1万6千円。

700円のラーメンで、仮に利益率を35%とすると、1杯245円が粗利なので、16000÷245=およそ65杯分となります。1日8時間営業するなら、1時間に8杯売らないといけません。

実際は家賃が必要な場合が多いでしょうし、厨房機器の故障や買い替えが発生すれば、ローンの返済も必要になるでしょう。さらに、アルバイトを頼むとなったら‥‥。

「一杯700円は高い」とは言えなくなりますよね、全然。

労働時間は、仕込みを考えたら10時間12時間は当たり前だろうし、売り上げが必要なら休んでる場合じゃない、無休で長時間営業、ってことになるだろうし。

肉体的にも精神的にも、さらに金銭的にも楽なことはひとつもない。お客さんが「美味しい」って喜んでくれるから続けられる、ってのは、本音だと思います。

高いだの安いだの言っていた自分を反省しつつ、今日も美味しいラーメンをいただけることに感謝。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:燕市花見24-2

投稿者:yukihi69

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。