長岡市 ラーメンしみず 神田店 味噌ラーメン / 山本五十六記念館に行って来ました。

国道8号線沿いにある「ラーメンしみず神田店」です。店の前に駐車場もあります(入りづらいですが・・・)。

ラーメンしみず新保店」とは別経営となったと聞いておりますが、やはり出してるラーメンは似ています。あ、新保店は盛りの良さで有名ですが、神田店の量はノーマルです。

ラーメンしみず神田店の味噌ラーメン

碧空麺舗の記事と同じくこちらも縦長なので、息子に撮ってもらった写真ですね。アングルが違うなぁ~。ラーメンブログ界の家内制手工業でスンマセン ^_^

赤くて辛い「味噌ラーメン」、見た目は新保店のに似ています。新保店はナッツ系の混じった味噌ですが、こちら、神田店のはナッツが感じられナかッツ、いえ、感じられませんでした。そのせいもあるのか?辛さはこちらのほうが強めな印象。

白髪ネギタップリで、なかなか食欲そそるビジュアル。雪の多い長岡の冬には、こんな辛い味噌ラーメンが似合いますね。

長岡といえば、先日、「山本五十六記念館」に初めて行ってきました。小さな記念館なのですが、館内をひとまわりすると山本元帥の一生を知ることができるようになっています。

山本五十六記念館

古志郡長岡本町玉蔵院町(現・長岡市坂之上町3丁目)に生まれ、父は旧長岡藩士族・高野貞吉、母は峰。貞吉が56歳の時に生まれたので五十六と命名されたそうですが、本人は父が高齢の時の子供ってことで、その話はあまりしたくなかったようです。

幼少の頃から侍の子としての教育を受けたのでしょう、14歳くらいに書いたという手紙などはすごく達筆で、品格を感じました。総じて凄く優秀で、人を魅了する大人物だったのだろうなぁ~、と思います。

日米開戦にはずっと反対していたのに、結果的に連合艦隊司令長官となり真珠湾を攻撃、ブーゲンビル島の上空で米軍機に撃墜されて戦死するまで、波乱の人生を送ったようですね。

記念館には、戦死した時に登場していた飛行機の翼が展示されています。見学した後の感想としては、山本元帥こそ日本の「ラストサムライ」だったのではないかと思いました。

グッと来たのが、山本五十六元帥が座右の銘としていたという「常在戦場」という言葉。

常在戦場(じょうざいせんじょう)とは、常に「ここは戦場である」と思って生き、ことに処す、という意味だそうです。長岡藩の藩風、藩訓だったそうですね。

常にそういう気持ちで物事にあたれば、何事もやり遂げられるかも知れません。

山本五十六元帥とラーメンしみず神田店は全く関係ないわけですが、住所的には近からず遠からず、車とかなら思ったよりすぐな気もしないではないです (^_-)

記念館の帰りにしみずでラーメンってのはいかがでしょうか?(繋げたね 強引だけど 繋げたよ)

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:長岡市西神田2-2-9

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

フィードバック

返信をクリックすると子コメントを投稿できます(最大5階層まで)。階層を下げたくないときは親コメントに返信して弟コメントにするか、別コメントとして投稿してください。

  1. こんにちは いつも楽しく拝見しています。

    文中の山本五十六元帥は地元長岡の偉人で,自分の学校の大先輩でもあり個人的にとても尊敬する方です。

    その人となりを知るには阿川弘之さんの「山本五十六」という著作を読むと参考になると思います。かなり人間臭く描かれていますよ。(ある女性とのくだりは遺族からそのような事実は無かったと批判されているようですが・・・。)

    しみずのラーメン,こちらができたばかりの時に伺いました。確か,ダブルとトリプルの値段が同じだったと思います。確かに駐車場駐めにくいですね。

    1. こんにちわ、コメントありがとうございます。今度、教えていただいた阿川弘之さんの本を読んでみたいと思います。
      それと役所広司さん主演映画「聯合艦隊司令長官 山本五十六も観たいなぁ~とも思っていました。
      情報ありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。(^o^)

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。