新潟市中央区 だるまや 女池店 だるまラーメン / 一時代を築いた功績を讃えたい。

年が明けてから、蕎麦、八幡(自分の中では神社)、達磨と、年末年始っぽく縁起物づくしの記事になっております。偶然ですが。

「だるまや女池店」は、D系、だるまや系などと呼ばれる、だるまやグループの総本山的なお店でした。

でした、と過去形なのは、経営者がグループ創業者から替わったとのことで、多くの店長や従業員が独立してしまって、現在は実質的に別のお店になっているようだからです。

出してるメニューに大きな変化は感じられませんが、そんなことを聞いてから食べると味が変わったような気もします。味覚というのは曖昧なもので、気分的なものにいかに左右されるか、計り知れないほどです。

だるまや女池店の「だるまラーメン」

「だるまラーメン」は、多量の背脂が浮く、魚介豚骨の醤油ラーメン。モチモチした中太麺に、タップリのモヤシトッピングが特徴的。あ、薄切りの「花びらチャーシュー」も特徴ですね。

だるまやに限らず、基本的にほとんどチャーシューメンを頼まないので、花びら盛りにもあまり魅力を感じないのですが、見た目のインパクトで考えれば、「せっかくなのでチャーシューメン」、・・・アリだと思います。

こってりした背脂と、さっぱりしたモヤシの組み合わせは、だるまやのお家芸と言えるかも知れません。追加の「もやしトッピング」が100円くらいだったかな? 別皿に出てくるのですが、こちらもお薦めです。麺を大盛りにするより良いかもです。

チャーハンも良い感じ。だるまやではチャーハンセットを頼むことが多いです。

新潟で背脂ラーメンといえば、燕市をはじめとした県央地域が思い浮かぶわけですが、だるまやの背脂は燕の影響ではなくて、東京の「環七土佐っこラーメン」系の流れではないかと私は推測しております。

だるまやグループの大きな功績は、関東の人気店のトレンドを新潟にどんどん持ち込んでくれたことでしょう。田舎者にはいつも刺激的で、だるまやグループがなかったらこれだけのラーメンブームになり得なかったのでは、と思います。

ひとつの時代が終わり、そこから派生したそれぞれのお店がまた新しい時代を作って行く、それを楽しめる喜び・・・。素直に感じたいものです。

「だるまやグループに表彰状か何か渡した方がいいかな?」
「いや、表彰状よりもっと重みがあるのがええんちゃう・・・」

「そうだなぁ~。トロフィーとか?」
「それは大袈裟やな」

「じゃあ、メダルとか?」
「せや、メダルや! メ、ダルまや! だるまや!」

・・・無理あり!

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:新潟市中央区女池神明1-1608-1

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

フィードバック

返信をクリックすると子コメントを投稿できます(最大5階層まで)。階層を下げたくないときは親コメントに返信して弟コメントにするか、別コメントとして投稿してください。

  1. yukihi69様、明けましておめでとうございます。
    今年も宜しくお願い申し上げます。
    ひと昔前になりますが、環七沿いにあった土佐っ子を中心とした背脂ラーメンがブームになった時期がありましたよね。
    確かにだるまやラーメンはその影響を強く受けたラーメンかと思われます。
    私が初めてだるまやラーメンを口にした時は、燕の中華そばに似ているけど何かが違うだよなぁ… って感じながら食していたのを覚えています。
    それから万人屋、吉相などなど、だるまやの流れを汲む店舗があちこちに出来ましたよね。
    商工リサーチの発表によると起業した事業が10年間生き残れた事業所は全体の17.4%、更に30年となると僅か6.2%だそうです。
    飲食店はもっと低いんでしょうねぇ。
    昨今のラーメンブームに乗って新店舗を開店させる事業主も多いですが、反面それ以上に閉店して行く店舗も多いのが現実ですね。
    私にとってラーメンとは気軽に食べれて、しかも安いというのが身上だと思っていますので、最近の高級素材にこだわり過ぎて1杯の値段が高過ぎるラーメンや、奇をてらうようなメニューが多過ぎるなど、近年のラーメン屋は敷居が高くなって困ります。
    ラーメンの値段が食堂メニューの王様カツ丼を超えるなんていうのは私の中では有り得ません。
    昔は燕市大曲の栄屋食堂の中華そばがごちそうだったんですけどねぇ(笑)

    1. 本年もよろしくお願いいたします。10年で17.4%は驚愕ですね。昔は骨とかくず野菜とか、捨てられてしまうような部材を上手に使った料理がラーメンで、安くて簡単で、でも自宅ではなかなか作れない庶民の味方・・・暖かくお腹を満たしてくれた「ごちそう」だった時代。
      今は飽食の時代なんて言われてから久しく、ファストフード全盛期があって、美味しい料理がどこでも誰でも簡単に安く食べられる時代に対抗するには、ラーメンも高級料理化して行かないとお客さんの舌を満足できなくなったんだと思います。
      割の合わない商売と思いますが、それでも頑張ってられる方々は、ラーメンに信念と情熱をもっていて、そういうお店に出会えると嬉しくなっちゃいますね。大それたことを思ってる訳ではないのですが、少しでも応援したい気持ちもあって自分はブログを書いてるのかも知れません。

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。