長岡市 麺や 仁 ラーメン / ひとことで言えば、ドンブリがお洒落。

長岡インターチェンジにほど近い、「麺や 仁」。

麺や・仁の外観

そうです、蓮潟に移転する前の「尾道らーめん七鐘屋」が入っていたところ。その前は韓国料理のお店だったような気がしますし、七鐘屋の後も相当いろんなお店に入れ替わってますね。

いつぞや「B亭」っていう定食屋さんだった頃、行ってみたくて向かったことがありましたが、すでに閉店していたという悲しい思い出‥‥。おもひでぽろPOLO。

ちなみにPOLOといえばポロ・ラルフローレンですが、馬、デカすぎじゃね?(笑)

それはともかく、新しく「麺や 仁」が入ったとのことで、昨年(2015年)の10月にうかがいました。

醤油と塩の2種プラス期間限定の創作ラーメンで潔く勝負、という構成のようです。まずは、正攻法で?醤油から。700円に大盛り100円で、合計800円也。

麺や仁の醤油ラーメン(大盛り)

背脂醤油に縮れ平太麺ですが、燕の背脂醤油ラーメンとはちょっと違う感じ。

見た目的にも、燕のそれをググッと線を細くした印象です。薄切りチャーシューで表面が覆われてて、細いメンマ(穂先メンマ?)も、お洒落チック。

器もしゃれてます。

麺や仁のラーメン大盛り・全景

白地に朱色の円模様のドンブリ。丼の足みたいな部分、高台というのだそうですが、そこが六角形?八角形?になっていて、受け皿も同じ形になってます。レンゲも朱色で、白地にマッチしております。

全体に、繊細でお洒落な造り。ただ、その分‥‥印象も薄い感じ?

悪くなかったという記憶はあるのですが、あんまりよく覚えていないってのが正直なところです。ドンブリがお洒落というだけの感想になってしまって、申し訳ないのです。

実はサンマ節を使ったという「塩ラーメン」のほうがプッシュで、いえ、プッスゥーで(その言い直し、要る?)、凄いのかもしれません。もしかして。

たしか期間限定メニューだったと思うのですが、雑誌で見た麻婆カレー麺?ってのがソソるビジュアルでした。そういう創作メニュー、限定メニューを楽しむのがいいのかもです。

なかなか入れ替わりの激しい、厳しい立地なのかと思いますが、ぜひ頑張っていただきたいです。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:長岡市南七日町30-6

追記:残念ながら、2018年8月で閉店されたとのことです。

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。