東ハト ビーノ VS カルビー さやえんどう

似たような商品を比べるのが好き。 以前は、こんな対決もありましたね。

今回は、「東ハト ビーノ」と「カルビー さやえんどう」を比べてみました。

東鳩 カルビー 豆対決 2017-08-05 001

まず、発売したのは「東ハト ビーノ」が1991年(平成3年)で、「カルビー サヤエンドウ」が1993年(平成5年)発売なので、ビーノが先です。先制点はビーノ。

コーン系や、ポテト系が多いスナック菓子界に置いて、豆100%というのはセンセーショナルな出来事でした。 でしたよね? 大人なら「ビールのおつまみ」と言う選択肢があるので「ええやんか!」ですが、子供からすると「なにしてくれてんねん!」って感じかも? さやえんどう好きの子供って、あんまり見かけませんから。

東鳩 カルビー 豆対決2017-08-05 010

東ハト ビーノ

「東ハト ビーノ」
なんと言っても「直火焙煎」で焦げ目がついてますので、香ばしいです。食感は「カルビー さやえんどう」より、やや強め。形も棒状でシンプル。焼く時に反ったり、曲がったりするのかな?「ふぞろいの林檎たち」でなく、「豆たち」です。(^_^;) 味も素朴な感じ。良い意味でナチュラル&オーガニック。

東鳩 カルビー 豆対決2017-08-05 009

カルビー さやえんどう

「カルビー さやえんどう」
こちらは、えんどうまめに似せた形状で、フライ感ある油強め仕様。食感はサクサクしてます。味も、こちらの方がシッカリしてます。ビーノより垢抜けたアーバンな印象。芸が細かいと言いますか、「マメ?」。。。豆だけに。

正直、「カルビー さやえんどう」の方が最初は美味しいと思ったのですが、食べ進めていくと飽きてくるんです。油のせいなのかな? その点、「東ハト ビーノ」は最初ピンッと来なかったのに、もし次回買うなら・・・たぶん「東ハト ビーノ」ですね。勝負あった!!

・・・と、あっさり塩味的に、勝敗をジャッジしてしまいましたが、皆さんはお忘れではないでしょうか?!

ハウス食品から、昔出していた豆100%スナック「ハウス ジャック(←YouTubeの懐かしいCMへ)」

CMからすると、ジャック・・・『美味しいで賞』より、『CM面白いで賞』ですね。

ごちそうさまでした。。。

公式サイト:「東ハト ビーノ」
「カルビー さやえんどう」

・・・お気づきであろうか?・・・スナック菓子をひとりで、二袋も食べてることを・・・一番驚くべきは、ソコですね。。。真夏の怪談話より吃驚だわ!(^_^;)

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。