三条市 神田屋商店 うなぎ蒲焼き / 二の丑に、食べ合わせのお勉強。

ついこないだ登場したばかりですが、またもや神田屋のうなぎ蒲焼きです。もう「カンちゃんウナちゃん」と呼んじゃいたい、親しみをこめて。

神田屋商店の鰻で作った鰻丼

三条市民栄養賞(嘘)に輝いた蒲焼きで、鰻丼。だって二の丑だもの。ユキを。

ってもタイムラグのあるブログなので、去年の二の丑(2017年8月6日)に食べたやつなんですけどね。ちなみに、2018年の二の丑は8月1日ですってよ奥さん。

そして、この日は鰻丼と一緒にこれも食べていたようです。

黄色いスイカ

黄色いスイカです。なんか、懐かしい感じ? (^^ゞ

‥‥‥ハッ。

あ゛ぁぁぁぁーーーーーーーーーー!! そういえば、ウナギとスイカって一緒に食べたらダメなんじゃなかったっけ?! 食べ合わせってやつ?!

調べてみました。

鰻と食べ合わせが悪いのは、‥‥梅干しでした (ㆀ˘・з・˘)

Wikipediaの「合食禁」によりますと、「鰻に梅干し」は

鰻の脂っこさと梅干しの強い酸味が刺激し合い、消化不良を起こすとされた。ただし実際はむしろ酸味が脂の消化を助けるため、味覚の面も含めて相性の良い食材である。

だそうです。

なーんだ、ガセだったんですね! ダウトー!(後出しすな!)

「鰻に梅干し」と言われるようになったのは意外に新しく、明治時代だそう。江戸時代は「鰻にぎんなん」だったのだそうです。静岡の鰻屋さんの公式サイトで大変詳しく説明されていますので、ぜひご覧ください。→ 鰻と梅干し – うな繁

スイカの食べ合わせは、鰻でなく天ぷら。「西瓜に天ぷら」でした。

さっぱりして美味しそうですが、Wkipediaによると、

水と油で消化に悪いとされた。実際、胃の負担が増加し、消化に支障をきたすことが確認されている。

なんだそう。

こちらは本当ということになってますね。ジャスティス!(なんでや)

でも、そこはかとなくダウト感も‥‥。どこで確認されたのか書いてないし、水分を一緒に取るのがNGなんだったら、「天ぷらそば」とか「天ぷら茶漬け」もNGってことになっちゃいませんか? (^_^;)

でもまー、胃腸の弱い方や、お腹の調子が悪い時は、避けたほうがいいのかもしれません。気をつけなはれや♪

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:三条市直江町3-2-41

公式サイト:うなぎの神田屋

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。