新発田市 食堂 みやむら もつラーメンともつ丼セット / やっぱり、モツべきものは友だ。

友人が言いました。

「じゃー、ここの払いは俺がモツ! 昔から言うじゃない、『モツつ持たれつ』って!」

ありがたし。これがホントの、モツべきものは友。

今日も軽快な駄洒落から始まりました、大盛りユキヒロック(笑)。

今回は、新発田の「食堂みやむら」です。店名を聞いただけでムラムラしてきそう(お前だけやろ)。

食堂みやむらの看板(新発田の日本酒メーカー「清酒 菊水」の文字入り)

みやむらといえば「もつラーメン」で、「新発田名物 もつラーメン」の赤いのぼりが目印です。

いただいたのは、もつラーメン+もつ丼のセット。いわゆる「もつもつ」ってやつ。

もつラーメンともつ丼セット(お新香、デザートのフルーツ付き)

モツをモッツも(最も)堪能できるメニューと思います。お値段は、確か千円切るくらいだったかな?

もつラーメン。

もつラーメンのアップ(具はモツ煮込み、メンマ、刻みネギ)

中太縮れ麺の上に、コンニャクと一緒に炊かれたモツがタップリ。モツの存在感を活かす、魚介の効いたサッパリアッサリ飴色スープ。

もつ丼。

もつ丼のアップ

こちらは、モツとタマネギとの組み合わせで、さっぱりとした塩味。‥‥なのですが、味の印象とは裏腹に、どんどん胃の中にたまっていきます。

ロープ際にグイグイ押し込まれて、重い重いボディーブローを一発また一発ともらってる感じ。自分のモツがモツで圧されて、ク、ク、苦しい~♪(嬉しい悲鳴)

えー、結論としては「頼み過ぎ」でした(笑)。もつラーメンかもつ丼か、どちらか一方でよかったかもなぁ~。恐るべし、もつもつ。

なお、みやむらのモツは、写真からお分かりかもですが、実はカシラ肉? 頬肉? を柔らかく炊いたもの。なので、内蔵系が苦手な方でもそんなに抵抗なく食べられるのではないかと思います。

もつラーメンは、唯我独尊・唯一無二なオリジナリティー。新発田名物なのに、みやむら食堂の他に出してるお店がない気もしますが(笑)、試しても損はしないと思います。ぜひ一度。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:新発田市大手町5-5-7

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。