ユキヒロックの3分クッキング / 林(リン)さん式・ユキヒアレンジのカレーチャーハン。

実は、椎名誠の「あやしい探検隊」、東ケト会・いやはや隊とも呼ばれますが、そのシリーズに出てくる「林さんチャーハン(リンさんちゃーはん)」を、なんと!? 映画で観たことがあるんです。

椎名さんの映画、「遠灘鮫腹海岸」。とおのなださめはらかいがん、と読みます。オムニバス「しずかなあやしい午後に」の一片で、椎名さんの映画プロダクションであるホネ・フィルムの制作です。

この映画はもともと、リンさんこと林政明さんを主役にした映画「林さんチャーハンの秘密」を撮影しよう、という企画から発展したのだそうです。リンさんはいやはや隊の料理担当で、同じ名前の著書もあります(が、それの映画化という企画ではなかったみたい)。

ホネ・フィルムといえば椎名さん自ら行う巡回上映ですが、遠灘鮫腹海岸は寺泊がロケ地だったので、寺泊文化会館で映画の完成を記念した凱旋上映会がありました。その際、同時に上映されたのが林さんチャーハンの作り方的な映画、言うなれば「(真)劇場版・林さんチャーハンの秘密」。それを観た、というわけです。

なので、私、林さんの「チャーハンの秘密」を確実に習得した「林さんチャーハンマスター」である、と自負しておりますが、良く作るのは少しアレンジを加えた一品。

人呼んで、「林さん式・ユキヒアレンジのカレーチャーハン」。

林さん式・ユキヒアレンジのカレーチャーハン

用意するもの

  • 冷やごはん
  • 玉子2個
  • 長ねぎ(みじん切りにしておきます)
  • 日本酒(ワンカップならさらに良し、余ったらクッと呑めるから)
  • カレールー(1ブロック程度、細かく刻んでおきます)

作り方

  1. フライパンにサラダ油をひいて、煙が上がるまでヨーク熱する
  2. 玉子2個を割り入れ、かき混ぜながら炒める(炒り玉子状になるまで)
  3. 冷やごはん投入
  4. 日本酒投入、ご飯をほぐしながら炒める
  5. カレールー投入
  6. 塩で味を整える
  7. 火を止め、長ネギ投入

本家・林さんチャーハンとユキヒアレンジとの違いですが、まず味付け。本家は、卵・長ネギ・酒・塩のみのシンプルな蛋炒飯です。カレールーがユキヒアレンジ。

また、玉子は、本家では1個だったと思いますが、ユキヒアレンジでは2個使います。これは経験に基づくもので、こちらのほうが上手にできるのです。

長ネギは、フライパンに油をひいた時点、つまり最初に入れる人もいますが、それだと炒めてるうちにネギが焦げて苦くなったりしますので、最後に火を止めてから入れるのが良いです。ご飯と混ぜずに上からパラパラとかけても可。

お酒は、ご飯をパラパラにする「ほぐし役」で、さらに「香りづけ役」でもあります。また、最近気づいたのですが、お酒でなくサラダ油をほぐし役として使う「追いサラダ油」もアリかと思います(ただし、量が多いと油っぽくなり過ぎるので注意)。

ユキヒアレンジでは、玉子は半熟の状態でなく、よく炒めてから冷やごはんを投入します。こうしたほうが最終的にパラパラに仕上がります。

チャーハンの作り方では、一時期、「先混ぜ方式」が世間を席巻しましたよね。ご飯と玉子を先に混ぜておく、玉子かけご飯を炒めるようなやり方ですが、これには強く異論がございますです。

先混ぜ式ではご飯が玉子で一粒一粒コーティングされるので、一見すると確かに「パラパラ感」はあるように感じます。

が、あの食感は、「パラパラ」でなく「ボソボソ」ですよね?

パラパラチャーハンでなく、ボソボソチャーハンじゃ、あーりませんか!! ボソボソでいいんですか? 本当にいいんですか? ボソボソで?

No, Boso! Boso is over!! Remember to Bosoooooooooo!!!

でも実は、本来の林さんチャーハンはキャンプ料理なので、「野外にて焚き火で作る」というのが大前提というか、真の姿。

ですので、インドアな時点でユキヒアレンジは・・・、アウトォォォォォ!!

お好みで、カレーチャーハンの上にケチャップで “LOVE” とか書いちゃっても良し! ・・・でも、恥ずかしいのでグルグル模様。

林さん式・ユキヒアレンジのカレーチャーハン、仕上げのケチャップ

さぁ~、めしあがれ。。。

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。

トラックバックURL