長岡市 けんちゃんらーめん ジュンジロォウ / 二郎への潤さんからの回答

グループの中でも人気店の、らーめん潤・蔵王店の店長さんが出したネクストブランド店、と聞いておりました。

けんちゃんらーめんの外観

開店当時のけんちゃんらーめん

朝9時半オープンと、長岡では珍しい「朝ラー」のお店。開店当時の訪問では、らーめん潤とは毛色が違う鶏出汁のあっさりラーメンということで、店名と同じ名前の「けんちゃんらーめん」をいただきました。

けんちゃんらーめん(具は鶏チャーシュー、ほうれん草、ナルト、海苔、ゆず皮、ネギ)

けんちゃんらーめんの図。窓からの明かりの入り方が良くって光輝いております。

濁らない鶏出汁スープに低加水の細麺で、今風のお洒落な印象。味も繊細で美味しかったです。

今回は(と言っても2014年6月)、「ジュンジロォウ」なる二郎系のメニューを頼むことにしました。

潤系の二郎系(ややこしい)といえば、「小豚らーめん」ですが、それともひと味ふた味違う、やや上品な印象の二郎系。二郎系に上品さが必要かどうかは別として・・・。

けんちゃんらーめんのジュンジロォウ

ジュンジロォウの図。

背脂に多加水な太麺。けんちゃんらーめんとは全然別タイプで、対照的な一品。

パッと見のルックスは二郎を踏襲してますが、「魚介出汁の効いた背脂ラーメンの潤ミーツ二郎」の様相。言い換えれば、「二郎への潤さんからの回答」的な。

現在、このジュンジロォウはなくなって、「鶏白湯らーめん」推しにリニューアルされてるようですね。また近いうちに確かめに行きたいと思います。

ちなみに、長岡市大島といえば「メガネの朝日堂」。「早起きのメガネ店」というニワトリの看板で有名な?眼鏡店で、なんと!?朝8時から営業しています。けんちゃんらーめんといい朝日堂といい、大島地区の皆さんは早起きなのでしょうか?

朝8時からメガネ。「で、そのココロは?」と、看板を見るたびに一人心の中でツッコミを入れてますが、朝日堂さんの公式サイトによりますと、

「なぜ 早起きメガネ店ですか?」

朝、起きてから1時間ぐらいの時が一番スッキリさわやかです。
見える感覚と判断が敏感ですので、メガネの説明も理解しやすくなります。
その時の目の見え方を確認してみましょう。新しい発見があるかもしれませんね。
くれぐれも、目を使い過ぎて疲れている時や忙しい時は避けてください。
そんな 時は、次の日にしましょう。

とのこと。

「さすが目の付け所が違う、眼鏡店だけに!?」と言いたいところですが、朝起きて1時間くらいが一番さわやかかどうかは、個人差ありませんか? 私ケッコウ、ボーっとしてますけど(ケッコウは、一応ニワトリとかけてみました)。他店との差別化の方向性にやや疑問(笑)

ごめんなさい、もしかして8時からズラッと行列のできる眼鏡店なのかも知れません。私の勝手な愚問、戯言でしかございませんのでお許しください。

「そういうあっしは、ラーメンに目が無ぇ~」。めがねぇ~、眼鏡~・・・。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:長岡市大島本町5丁目109-15

2015年12月27日追記:けんちゃんらーめんは2015年秋に閉店されました。残念です。

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。