ユキヒロックの3分クッキング / 雑草を食べてみる会 2018 (後編)

「雑草を食べてみる会 2018」の後編です。前編・後編にわける必要があったのか?という話もありますが、まずは見てみてくださいよ。春の空き地などにシソのような紫色の小さな花をつけた草。「緑の葉との対比がエヴァンゲリオン初号機カラー」みたいなやーつ。

ヒメオドリコソウ2018-04-02 012

美味しそうな色をしてると思ってずっと目をつけておりました。
では、ご紹介しましょう、、、君の名は「ヒメオドリコソウ」。

あら、なんて可愛らしい名前なのかしら。。。しかも、ヨーロッパ原産で日本には明治の時に入って帰化した外来種・・・「青い瞳の踊り子さん」って事ですね。

ルンルン気分で摘みましょう、摘みましょう♪ ルンルン

ヒメオドリコソウ2018-04-03 024

よくみると毛深い。(笑) ちょっと嫌な予感。

ヒメオドリコソウ 2018-04-03 004

まずは、雑草をいただく為の基本作業「アク抜き」です。水に浸けるだけですけど。葉もシャキッとしますしね。。しません。全然シャキーン!じゃありません。

ヒメオドリコソウ 2018-04-03 007

煮ます。 煮ながらどう食すか考え中。 湯気の匂いが・・・野性の匂い。ワイルドだろう~な感じ。 気分が悪くなってきたよ・・・悪い予感は悪寒に変わる。(汗)

ヒメオドリコソウ 2018-04-03 017

明らかに「こいつはヤバい」と思いながら、困った時の「味噌」・・・この野性の匂いもなんとかしてくれる事を祈りながら・・・いざ!! 実食!!

no good

「く、く、喰えるかっーーーーーーーーーーーーつ!」

「土の味しか・・・せーへんで、、、土 食ったことないけど・・・」と言う大いなる矛盾。食べた事のない土の味がするってどういう事?

葉っぱのトゲトゲのせいで、食感も酷い!

匂いが「濡れた子犬のような」です。ワインの喩えならまだしも・・・今でも忘れられないような不味さ。このブログで多分一度も「不味い」と言ったことないと思うのですが、これだけは言わせて下さい。

「ヒメオドリコソウ!君らヨーロッパから来て、踊ってる場合じゃねーーーーーーぞーーーー!」

いやはや「煮ても焼いても食えない!」ってホントにあるものですね。でも昔から言いますけどね「草っても鯛」。。。とか?いや、鯛じゃないなー。

ジミヘン風に言えば、「紫のけむり」ならぬ、「紫の悪魔」と呼びたい。

と言う訳で、天国も地獄も垣間見た「雑草を食べてみる会2018」いかがだったでしょうか? よくよく見れば、世界は食べ放題!! 来年はあるのかな? (^o^;)ないかもね。

ごちそうさまでした。

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。