田上町 御座敷食堂 樺太屋 中華そば / 樺太や あゝ樺太や 樺太や、奥の細道。

田上・加茂周辺のお店が続いておりますが、このブログの記事は「営業先や現場周辺で食べ歩き」が基本スタンスなので、地域が固まって続くことが多いのです。田上町付近をウロウロしていた時期だったのでしょうね。

最近こそ自分でお弁当を作ったりしていますが、基本的に昼飯は外食でして、「ラーメン → カツ丼 → 炒飯 → カツカレー → 日替り定食 → ラーメン」の高カロリーループ。デブ無限地獄の様相を呈しております。

で、今回はその田上の「御座敷食堂 樺太屋」です。

樺太屋の外観

最近メディアに取り上げられたりして、一度行ってみたいとは思っていたのですが、どこにあるのか分からずにおりました。奥さんの実家の近くなのに‥‥。

国道403号を「湯田上温泉」の入口看板で曲がって県道55号に入り、ホテル(田上でホテルと言えばホテル小柳のこと)方面へ向かいます。初音旅館の前あたりで道が二股に別れますので、細いほうへ進みます。

車で侵入して行くには急な坂道で、あまりにも奥の細道で、少し勇気が必要ですが、躊躇なくズンズン進んでいただきますと樺太屋に到着します。

ちなみに奥の細道といえば松尾芭蕉で、「松島や あゝ松島や 松島や」って句は芭蕉作とされることが多いですが、実は後世の人が詠んだ句なのだそうですよ。

「中華そば」をいただきました。

樺太屋の中華そば(具はチャーシュー・かまぼこ・青菜・メンマ・ネギ)

「青竹で打った自家製麺」が売りのようなのですが、想像していたイメージと違いました。

なんだろう? 竹打ちというより、竹内力の力抜き? 竹内非力? (^_^;)

うーむ、たまたま当たりが悪かったのでしょうか? それとも期待が大き過ぎたか? そっと肩を優しく抱いて多くは聞かず、「今はそっとしておいて欲しいの‥‥」てな感じでした。

ごちそうさまでした。

お店の住所:南蒲原郡田上町田上乙619

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。