新潟市秋葉区 おもだかや 新津店 支那そば / ご年配の方にもおすすめできる、隠れ家的ラーメン店。

隠れ家‥‥そんな言葉がよく似合うラーメン店!! 「元祖支那そば おもだかや」の新津店です。

おもだかやの創業者が実家(?)を改築してお店にした、と聞いた記憶があるのですが、記憶違いだったかもしれません。

「ほんとにこの道でいいの?」と、細~い道を心細~くなりながら進みますと、雑木林的なお庭がある農家の建物が‥‥。

おもだかや新津店前の道

営業中の看板と「おもだかや」ののぼり

おもだかや新津店の外観(ほぼ民家)

古民家みたいな趣があって、日本蕎麦屋さんな風情ですが、ラーメン屋さん。

‥‥いえ、ラーメン屋さんというか、「支那そば屋さん」。

支那そば(奥)と支那そば大盛り(手前)

支那そば大盛りのアップ(具はチャーシュー、わかめ、メンマ、ナルト、ネギ)

おもだかやの支那そばは、昆布出汁が効いた和風醤油な感じ。薄い飴色・透明度の高いスープに細麺で、具材はワカメが特徴的。大盛りにすると、写真のようにすり鉢の丼になります。

実に「好み」です♪♪ 「これならご年配の方にもいいねぇ~」という、優しいラーメン。

この時は、同伴者から「えびにらギョーザ」を奢ってもらいました♪

おもだかや新津店のえびにらギョーザ

餃子というよりニラまんじゅう的な? 焼きシュウマイ的な趣向? カラシ醤油でいただきます。美味し!

おもだかやは、「あっさりラーメンの美味しいお店を教えてよ!」と聞かれた時におすすめする店のひとつなのですが、こちら新津店は建物も情緒があって、「知る人ぞ知る秘密のお店!」を訪ね当てた優越感と言いますか、ジャングルクルーズ的アトラクションのような面白みがあります。

ちなみに、店名の「おもだか」は植物の名前で、おせち料理とかに使うクワイの原種なのだそうです。沢瀉紋(おもだかもん)という家紋にもなっています。85へぇ~♪

ごちそうさまでした。。。。。

お店の住所:新潟市秋葉区塩谷524(おもだかや)

追記:お店の住所ですが、Googleマップでは「塩谷520甲」となっています。カーナビでは「塩谷525」を検索するほうがいいかも?

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。