燕市 マールさんの石窯パン工房 銀の麦 / 中島みゆきの曲のタイトルにありそう。

意外と(?)、パンにはさほど関心がないのですが、珍しくパンでランチングの巻。

パンだけだとどうにも口寂しい、って「口寂しい」の使い方を間違ってるような気もしますが、ランチならまだしも、もし夕飯がパンってことになりますと、確実にもの足りない。寂しい。さびしんぼう。

麺類は主食になるけど、同じ小麦の粉食でもパンはちょっと・・・。と思うのは、あくまで個人的主観です。麺類は、その「汁」にこそ満腹中枢への刺激力破壊力があるのかもしれない、という仮説を持っております。

「ああ~、それで毎日のように馬鹿みたいにラーメン喰って、実験検証を繰り返してんのかぁ~!」

・・・って、いっこうに結果が出てませんのぉ~。STAP細胞くらい出てませんのぉ~。

というわけで燕のパン屋さん、「マールさんの石窯パン工房 銀の麦」です。公式サイトはこちら

銀の麦の外観(2016年7月)

あ! そういえば、ここって以前、デイリーヤマザキだったような気がします。でしたよね?

改装工事してる時、ここの前をよく通っていて、建物の構造はそのまま利用してるようだったのですが、コンビニだったとは思えないようなお店になってて、「上手な設計だなぁ~」と思って見ていた記憶がございますです(取って付けたようなますです)。一応、建築士の端くれとして・・・。

これは、「屋根の形」ってのがポイントだと思うんです。営業をやめたコンビニを違う業種のお店に使う場合、平らな屋根を三角にするだけで全然イメージが変わりますね。コンビニぽさを残したくないなら屋根が大事、と思われます。

買ったのは、惣菜パン各種。

銀の麦の惣菜パン各種

ひーふーみーよー、4個。・・・いくら口寂しいとは言え、「惣菜パン×4個」は食べ過ぎですよね。春のパン祭りだったら、白いお皿もらえとるんでね? (^^ゞ

味とかについては、冒頭にも申しましたようにパンに対してはそれほど思い入れがございませんので、「とても美味しかったです!」っていう・・・。小学生並みの感想。

申し訳ないので、パンのアップもご覧ください。

惣菜パンアップ

しかし、「銀の麦」って中島みゆきさんの曲名にありそうで、なさそう。あ、あれは「麦の唄」か? 「銀の龍の背に乗って」とゴッチャになってますです(ますですを取って付ける男)。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:燕市東太田6074-1

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。