新潟市南区 ラーメン のろし 白根店 / 二郎系 兵どもが 夢の跡。‥‥食の細道。

「のろし白根店」。国道8号沿いの、以前「風の味 Goin Goin」があったところです。

ラーメンのろし白根店の外観(2016年11月)

駐車場は三角形。デルタな形状は、入るのはまだしも、デルのがタいへん。

久しく空き店舗になっていましたが、いつの間にかのろしになってました。狼煙を上げて知らせてくれたら、もっと早く気づいたのに~♪(それを言いたいがために、か?)

のろしは、最初にできたのが安田店で、新発田店、長岡店と続き、この白根店で現在4店舗でしょうか? 粟山の新潟店(もと「竜胆」だったところ)は閉店しましたね。

いただいたのは、「ラーメン 肉1枚」。

のろし白根店のラーメン(肉1枚)

「肉」と呼ばれるチャーシューが特徴的。

肉は、1枚・2枚・3枚と選ぶことができて、50円ずつ価格がアップしていく構成。肉3枚のさらに上がチャーシューメンで、そちらは肉5枚になります。

(醤油)ラーメン・みそラーメン・塩ラーメンの他に、つけ麺や汁なしもあります。汁なしはまぜそば系のメニューで、お店側がプッシュしてるように思われます。

安田店に行った時の印象は「美味しい二郎系」でしたが、白根店もでした。

そういえば、新潟市にもとうとう直系の? 本物の? ラーメン二郎ができたので、そちらにも行きたいとか思いつつも‥‥。俺、食が細いからなぁ~ (^^)

「俺、食が細いからなぁ~」。声に出して読みたい日本語ですね。出典は、松尾芭蕉「食の細道」からです(嘘)。

一時はどこもかしこも二郎系二郎系で、「我こそ二郎なり!」「いや、我こそが二郎じゃ!」の下克上。モヤシとヤサイの乱世が訪れて、やや食傷気味になってしまい、なかなか箸が進みません。いえ、足が向きません。

現れては消え、消えては現れる、二郎系ラーメン店。だいぶ淘汰されましたが、食の細道に詠まれた句でいえば、

二郎系 兵どもが 夢の跡

でしょうか?(いや、「食の細道」なんて存在しませんから!)

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:新潟市南区大通南5-1139

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。