新潟市西蒲区 ファミリー中華飯店 京王 チャーハン / 京王に! おれはなる!!

以前からずっと木にはなっていたのです。そうそう、天に向かって真っ直ぐにピーンッ! って、ちゃうやろ!(ノリツッコミ、下手?)

いえ、気にはなっていたのです、「ファミリー中華飯店 京王」のことが。

ファミリー中華飯店京王の外観(2016年3月)

「レストラン赤ひげ」なき後、あの周辺で一番木になっていたお店。そうそう、でっかい木からプラーン! って、もうええやろ?!

なかなか入るタイミングを逸してましたが、今回初入店。京王に、おれはなる! いえ、乗る! もとい、入る!

ファミリー中華飯店と謳うだけあって、「地元のご家族連れに人気!」って感じがヒシヒシと伝わってまいります。

入り口周辺のディスプレイから察するに担々麺推しのようでしたが、あえての「チャーハン」。「炒飯はお店の実力をはかるバロメーターだバーロー!」ってわけです。(なぜルフィがコナンに?)

京王のチャーハン大盛り(福神漬添え、スープ付き)

650円に大盛り100円増し。カップにはいったスープに、少しグッときました。

「ハム使用型」の炒飯です。他の具材もシンプル。

チャーハンのアップ

ラーメン店だと「チャーシュー流用型」の炒飯が多いと思いますが、ハムを使うと一気に「中華飯店」ふうになるような気がします、個人的には。

脇を固めるのは福神漬。炒飯で議論になる部分としては、「付け合せは紅生姜か福神漬か」ってのもあるかもですね。

味は優しい感じ。「ええ、なるべく他の料理の邪魔をしませんのよ、あたくし」「あなたの後ろを三歩下がって歩いてついていきますの、あたくし」という感じでした。言うなれば大和撫子的な?

中華料理を形容するのに「大和撫子」はおかしいでしょ?!と思わなくもないですが、なんだかそんな印象でした。

ごちそうさまでした。。

お店の住所:新潟市西蒲区巻甲3065-1

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。