三条市 旬鮮旬菜 鮮(せん) 刺身など / 下流に向かって右がウガンダ、左がサガンだ。

ども、ユキヒ100%です。 あの銀のお盆じゃ隠しきれません。(すみません、ほんとは灰皿で十分でした。)

五十嵐川を挟んで、北(嵐北=らんぽく)と南(嵐南=らんなん)に大きく言うと、わかれている三条市街。「川向う」と言う表現もありますが、北から見れば、南・・・南から見たら北・・・住んでる方で指す方角が違って来ますね。どっちも「川向う」であります。人は自分から見た方向を川向うと呼ぶ。・・・なかなか、哲学的ですね。

ちなみに、川の左右・・・つまり、右岸と左岸は決まっています。下流に向かって右側を「右岸=うがん」、左側を「左岸=さがん」と呼びます。

「カレーは飲み物」と言う名言を後世に残したのが「ウガンダ」で、「悲しみよこんにちは」を書いたフランスの小説家が、「フランソワーズ・サガン」と覚えると覚えやすく・・・ないと思います。(やすく、ないんかい!)

物心つく頃から、「外食」と言えばこちらのお店でした。母親のお友達とかがお店を手伝ってた関係もあります。
なので今でも自分の中では、旧店名の「ファミリー はしもと」の方がしっくり来ます。現在は居酒屋さんに趣を変え、店名も「旬鮮旬菜 鮮(せん)」となって久しからずや。。です。(久しからずやの使い方、間違からずや! いえ、間違ってますよ~!)

三条市内には、ファミリーはしもと、橋本屋など「はしもとグループ」的なお店が沢山あったのですが、現在も「はしもとや」と名乗っているのは、三条市上須頃・三印市場内にある「橋本屋支店」と、石上の「ファミリーレストラン はしもとや」の二店舗かと思います。(燕の橋本屋さんは関係性がないようです。)

嵐南地区では、数少ない「居酒屋さん」なので、けっこう・・・穴場です。

鮮2016-09-04 002
とりあえず、生ビールと枝豆。

鮮2016-09-04 003
冷奴。 かねいしのやっこさーん!(若い人知らないよね。新潟ローカル・ネタ)

鮮2016-09-04 004
お造り。

鮮 2016-09-04 005
牛蒡サラダ。こちらのお店で頼む率が高い一品。

・・・完璧ですね。ヘルシーですね。「ヘルシーは、腹減るしー」ですね。

座右の銘が「No 炭水化物, No LIFE」の人間が頼んだメニューとは余程・・・思えませんよね。ええ、そうなんです、基本、、、頼んだのは私じゃありません。 (^_^;)

実は、ビールの後に、しこたま日本酒を呑んでましたが、No Imageでフィニッシュです。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:三条市北新保1-20-12

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。