ユキヒロックの3分クッキング / 塩やきそばニラレバー

キッチンに立ってて、ふたつの料理が合体しちゃうことってありませんか? 私はあるあるです。

ある日、焼きそばとニラレバしくはレバニラ炒めを作ろうと思って、取りかかったらピコーンとカレイた! いえ、ヒラメいた!

ニラレバ炒めを焼きそばの具材にしたら、一挙両得じゃん!

家庭で焼きそばを作る時は、具と麺を別々に炒めるとベタつかないのだそうですが、わざわざそうするのはめんどうですよね(麺だけに)。

でも、おかずのニラレバを作って、それを焼きそばの具にしちゃえば、自動的に別炒めになって、工程をひとつショートカッツ!(欧米か!)

思いついたが百年目というわけで、今回はそんな料理です。‥‥毎回、料理ってほどのものじゃないですけど。

まず、レバニラ。こちらの記事もご覧ください。

レバニラ炒め・作成中

今回は、カット野菜のニラレバ炒め用セットみたいなのを使いました。ニラとモヤシとニンジンで、彩りもきれい。

味付けする前に焼きそば用として少し別皿に取り分けておき、残りはおかず用として普通に味付けします。今回はお手軽に焼き肉のたれを使いました。

レバニラ炒め・完成後

‥‥って、たれ、多すぎじゃね?(笑)

お次は焼きそば。スーパーでおなじみの3人前のやつですが、ニラレバが焼き肉のたれ味なので、焼きそばは塩味にしました。

麺だけ先に炒めます。可能なら電子レンジで軽くチンして、ほぐしたのを炒めるのがいいです。水を入れて蒸し焼きにするよりもベタつきません。

麺が炒まったら、取り分けておいた「味なしニラレバ炒め」を入れて、焼きそば付属のソースで味付けしたらできあがり。

その名も「塩焼きそばニラレバー」!

塩やきそばニラレバー

‥‥って、レバーが見当たりませんやんか! さては作りながら喰ったな?

それはともかく一気に二品、ショートカッツ!(2回目)

ちなみに、3人前焼きそばの代表格といえばマルちゃんですが、そもそもなぜ3人前なのかというと、

発売当時は家族そろっての食事が一般的で、1975年の1世帯当たりの平均人数が3.27人であったことから、1回で食べきるのにちょうどよい量でした。

ということなのだそうですよ(『マルちゃん焼そば』はなぜ3人前? ライフスタイルが変わっても“3人前”を貫く理由|eltha)。豆知識‥‥てか焼きそば知識?

さぁ~、めしあがれ。。。。

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。