出雲崎町 ブラッスリー・カフェ・ルポ ラーメン / 元・羽田空港、フレンチ・シェフの作るラーメン。

出雲崎町、海沿いから商店街に入り、山側に少し登った場所にある良寛記念館。

サクラ咲く!(笑)訪れたのは2018年4月でした。

その敷地内にある「お休み処 心月輪」の中で営業されてるレストラン「ブラッスリー・カフェ・ルポ」。

心月輪 2018-04-12 108

外壁を良く見ますと「洋食レストラン」と書いてますが、店名の「ブラッスリー・カフェ・ルポ」・・・からも察しがつく通り・・・洋食がメインなお店なのですが、ラーメンしかいただいたことがありません。(^o^;)

もともと、このレストランの前に営業されてたお店のラーメンが、他には類を見ないくらいの「凄い!魚介濃厚ラーメン」でしたので、その名残りと言ってはなんですが、こちらのお店のラーメンもその味を踏襲されてる気がします。

もともと、東京国際空港羽田のレストランで洋食、フレンチを担当した方のレストランらしいので、洋食も凄いんだと思われます!! が、ラーメンでスミマセン。

心月輪2018-04-12 109

見た目からは想像つかないくらい、魚介出汁の濃厚さ。深い味わい。

心月輪2018-04-12 110

観光地の「お休み処」と言う感覚でいただきますと、ビックリするようなラーメンです。

せっかくなので、良寛さまの情報も調べてみました。

良寛。江戸時代後期の曹洞宗の僧侶、歌人、漢詩人、書家。もともと出雲崎の名主の長子だったそうですが、18歳で突如出家され今の岡山県のお寺で修行されたそうです。
晩年は燕市(旧・分水)の国上寺の五合庵(一日、5合の米があればそれで良いと言うところから付けられたそうです。)に暮らし、居間に生えてきたタケノコを切らずにそのままにしたり、子供たちと鞠つき、かくれんぼなどして遊んでいた逸話はどこかで聞いた事があるかと思います。
「良寛さま」として180年以上(没1831年らしいので、今年は188年にもなるみたいです。)も経った現代でも愛され、語り継がれるって凄いですね。

タケノコが居間に生えてきたら、すぐさま食べちゃう「ユキ寛」じゃ、あきまへんなー。(^o^;)

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:三島郡出雲崎町米田1(良寛記念館となり)

公式サイト:Brasserie Café Repos(ブラッスリーカフェルポ)

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

フィードバック

返信をクリックすると子コメントを投稿できます(最大5階層まで)。階層を下げたくないときは親コメントに返信して弟コメントにするか、別コメントとして投稿してください。

  1. いつも楽しく拝見させていただいております。
    ダメ出しで恐れ入りますが…
    ×:良観 → ○:良寛
    です

    1. わ!教えていただきありがとうございます あわあわ。修正させていただきました。

  2. 少し前ですが、
    確かステーキのセットも
    千円ちょいで
    食べられたのですが、
    今はどうか。

    それより何より、
    メニューに
    単品ラーメンを
    載せていないので、

    注文するのに
    チカラが入ります。。。

    頼めば出てきます。

    1. 確かに、メニューにないラーメンを・・・更に大盛りで頼む時の勇気と度胸が必要ですね。(^_^;)

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。