長岡市 らーめんキラリボシ キラリ塩ラーメン / 同じ涙がキラリ♪美味しさにキュッとなる。

丸一年遅れで進行しているこのブログ(1年前に食べたことを記事にしているのですが・・・)それでも年末になると、リアルタイムのその年にいただいた中から印象深かった一杯をまとめております「大盛り研究所特別編・ユキヒロックアワード」で、2017年の栄えある?「2017輝くユキヒロック大賞」の栄冠を手にしたお店が、長岡市にある「らーめんキラリボシ」。

長岡 キラリボシ 塩2017-09-07 005

少し離れたところに駐車場が3台分くらいあります。お店の前に貼られてる案内を一回確認してから車を回しました。

実は2017年に長岡の学校に通っていた娘から「友達と行って、めっちゃ美味しかったよ!」教えてもらい新店ということだけは知ってましたが、ノーマークだったお店に突撃した経緯がありました。

「濃厚塩ラーメン」が美味しかったと言う話でしたが、まずは食券機左上の法則(左上がお店の一押しメニューになってる場合が多いという法則です。)に従い、「キラリ塩ラーメン」をポチりました。

そもそも、塩で勝負するってところに意気込みが伝わってきます。塩はシンプルな分、味も見た目もダイレクトで伝わりますので、なかなか腕に自信がないと・・・ですよね。

で、登場したのが。。。コチラ↓

長岡 キラリボシ 塩2017-09-07 015

前に流行った本のタイトルをもじりますと・・・「塩は見た目が9割」と思います。

もう、、、見ただけで「美味しい」やつですね、間違いないやつです。

味の説明も要らないような気がして来ました。 見た目9割なので、残り1割だけ語りますと・・・アントニオ猪木さんの『道』をお借りして・・・「迷わず食えよ、食えばわかるさ。」でいかがでしょうか? (*´∀`*)

ちなみに、猪木さんが「一休さん(一休宗純)」の言葉として「この道を行けばどうなるものか 危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし  踏み出せばその一足が道となり その一足が道となる 迷わず行けよ 行けばわかるさ」を使っていたそうですが、実は「一休さん」ではなく、愛知県出身の宗教家・哲学者「清沢 哲夫(のちに暁烏哲夫に改称)って方の詩なのだそうです。

どっから一休さんが出てきたのかわかりませんが、もっと注意深く「迷わず調べよ 調べればわかるさ」でしたね。(^_^;)

ごちそうさまでした。。。。。

お店の住所:長岡市台町1丁目2-17

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. 大盛り様、お疲れ様です。

    このラーメン、見た目からして美味しい!って、食べてもいないのに唸りたくなるような1品ですね。

    明後日は休みだから、早速行ってみます(^o^)

    1. 後日、登場しますが、キラリボシの濃厚塩ラーメンの方が好みでした。良かったら両方?!比べてみてください。
      ちなみに、コマチの情報では『営業時間:11時~15時 定休日:火曜、ほか不定休あり』となってました。(^o^)

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。