三条市 山吾食堂 レバニラ炒め / メニューに書いてないけど、定食にできます。

もともとは「山吾精肉店」だった、田島橋たもとの「山吾食堂」。

山吾食堂の入口

「山吾のレバニラ、いいよ!」とのコメントをいただいて、行って来たのが2018年5月のこと。

個人的には「ニラレバ」呼びしたいのですが、山吾食堂では「レバニラ」です。

山吾食堂のレバニラ炒め

定食スタイル。でも実は、山吾食堂のメニューには単品の「レバニラ」しか存在しません。

レバニラを注文する時に、「定食にしてもらえますか?」の一言を添えてお願いすると、ご飯と味噌汁、小鉢とおしんこがもれなく付いてきて、無事にレバニラ炒め定食としてお迎えできるのです。

メインディッシュに、ズームイン!

山吾食堂のレバニラ

どうですか、お客さーん!(猪木) このレバー、「絶対美味しいヤツ!」って感じでしょ? ですよね!?(強要)

こりゃー旨い、確かに旨い! 教えていただいたように、やはり精肉店だからと思います。良いレバーに出会えました、ありがとうございます。

小鉢もうれしい。

山吾食堂・レバニラ定食の小鉢

この「ちょっとした小鉢」ってのを大事に感じるお年頃なのです。

定食の小鉢、それは癒やし、優しさ、愛。定食全体を和ませてくれるオアシス、マチのほっとステーション。

そういうワンクッション的な存在って、若い頃には気が付かなかったりするものですよね。

でも、メインおかずに向かってただ闇雲に突っ走るだけではいけない。もう少し周囲を見渡せる余裕を持ってほしい。‥‥ちょっと何言ってるか分からない。

帰りに見上げた看板。

山吾食堂の看板(お店側から見たところ)

文字に起こしますと、「又の御来店を御待ちしております 山吾」です。

でも、「すまりおてしち待御を店来御の又」って読んでしまいそうになるのです。これって私だけでしょうか?

看板が山型になってて(山吾だけに?)、山の頂点に向かって右上がりで書かれてるからだと思います。「山吾」につられて上から下に読んじゃうんですよね。

「すまりおて しち待御を店 来御の又」‥‥百人一首にありそう。(ないよ!)

ちなみに日焼けして薄くなってる赤い文字は「ありがとうございました」ですね。道路側には「駐車場 御食事 宴会場 山吾」と書いてあります。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:三条市曲渕2丁目5-16

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。