長岡市 お食事処 角八 平島店 ラーメン炒飯セット / 親愛の情を込めて、ちゃん付け。

角八(かどはち)です。高龍神社の近くにも蓬平店があるようですが、こちらは宮内のほう、平島店。

本当は「惣右衛門」のラーメン狙いだったのですが、お休みでしたので、近くで行ったことのなかったこちらのお店へ飛び込み営業?(営業だったんかーい!笑)

角八平島店の外観

外観は洋風ですが、店内は和風テイストで、しかも凛とした、ちょっとお寿司屋さんっぽさもある印象でした。

メニューは豊富で、ラーメン・うどん・蕎麦などの麺類、丼もの・各種定食から、店内の雰囲気どおり、鉄火巻き・ちらし丼などのお寿司類までありました。

「いろいろあり過ぎて選べない!どうしよう?」と思ってたら、ラーメンと炒飯のセットメニューという、妥協案というか和解案が目に飛び込んで来て、ラーチャンとピピピ婚!?(古!)

角八平島店のラーメン・炒飯セット(ラーチャン)

850円だったかな? 陽の当たり方のせいか、陰影がついて妙に劇画タッチに写ってる件。

新潟市内であれば、ラーメン+炒飯のセット=ラーチャン、と呼ばれることになるのでしょうが、ここは長岡なので、ラーチャンと呼ぶのは少し憚られる気もしますが、まーいーかー? そーいーがー。

(県外の方のために説明しよう! 「そーいーがー」「そいがー」とは、長岡弁で「そうなのか」みたいな意味なのだ!)

ちなみに、「親愛の情を込めてラーチャンを『ちゃん付け』で呼ぼうキャンペーン」というのを長いこと推進しておりまして・・・。

大盛り研究所・新潟あっさり系の巻でもちょっと書いてますが、つまり、「ラーチャンを『ラーチャンちゃん』と呼びませんか?」です。

言うなれば「お姉ちゃんちゃん」とか「アグネス・チャンちゃん」的な感じ?!(知らんがな)

ラーメンのアップ

長岡においては薄めのスープの色ですね。

ラーメンのほうは、長岡生姜醤油の片鱗が見えると申しますか、かなり大きく考えればそのカテゴリーに収まるのかもですが、「全ッ然、違う!」と言われたら、「そうかもですねぇ~」なのです。

・・・つまり、自信がない!(開き直ったね)アンド、覚えがない!(ぶっちゃけましたね)

スープの色合い、醤油の色がマイルドなのが、長岡生姜醤油とは大きく違いますでしょうか? でも、ほうれん草のトッピングがそれらしいっちゃーそれらしいでしょうか? 肝心の「生姜」がどうだったか、の記憶が曖昧です。ごめんなさい。

炒飯のアップ

炒飯のほうは、具少なめのシンプル仕様で、ピーマンが特徴的。「モワッ!」でも「ベタッ!」でもなく、かと言って「パラッ!」でもなく、その中間くらいの食感。

ラーメンも炒飯も、通常の器の半分くらいの大きさでしょうか? いえ、60%くらい?ですかね。

お寿司を扱ってるお店なので、定食、特にお刺身付きのが美味しそうなのかなぁ~、とも思いました。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:長岡市平島2-100

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. どうもです。

    チャーハンの食レポで「モワッ」って表現は初見です。
    食べて確認したいのですが、モワッではないんですよね。

    ピーマン入りのチャーハン、自分は夏休みのバアチャンちで
    昼の焼飯って感じです。

    1. 「モワッ=しっとり、もっさり」な意でした。(^^ゞ ピーマン入りチャーハンは、確かにバアチャンちのチャーハンですね!

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。